ボーナスサイト  

タルのページ > ボーナスサイト > 東日本大震災の時のこと



東日本大震災の時のこと



2011/3/11

それは、何気ない一日、そんな時に起こりました。
職場にいたら、揺れを感じました。
段々強くなっていく...気がついたら、立てかけてた本も倒れ、
悲鳴があっちこっちであがってました。
ロッカーがガタンガタン。それは、今まで経験したことのない揺れでした。
ビルが崩れるのか?ってくらい。それでも、
私のいた場所は震度5だったそうです。

職場の皆と外に避難。
外で立っている間も余震があって、
立っていても揺れを感じたし、ビルが本当に揺れていました。
それは、近くのビル自体がユラユラしていたのが見えたから。

約一時間立ってて、皆と話してました。
気持ち悪くなってきた。。。
幹部社員の話し合いで、今日はもう帰宅する事に決定、でも、、、
電車は止まってるし、タクシーも捕まらない...
まさに、帰宅難民とは、こういうことなんだろうな。。。

タクシーを捕まえるのを試みつつ、とりあえず自宅に向かいました。
青山のあたりまで歩いたんだけど、青山公園あたりで休憩中のタクシーが見つかって、
休んでる所でお願いして乗せてもらいました。

タクシーで走っている間も、
タクシーの中でも余震を感じてました。
タクシーの揺れではなく、地震の揺れを感じてました。。。
で、、、全然進まない、、、
首都高が止まっていたから、首都高の下を走ってたと思うんだけど、
もう全く進みませんでした...
なので、途中からは歩く事にしました。

普段、こんな道誰も通らないよって道が、人通りが激しくて、
皆が、帰宅困難者に見えました。
皆が足早にケータイを持って歩いてました。

20:00くらいに、やっと着きました。とりあえず着いた。
電気OK、水道OK、とりあえず、
コンビニで買った、残り少なかったご飯は食べられそう。
風呂は沸かなかった...お湯が出ない。
たまには、銭湯にでも行ってこようかな...
でも、この調子だと、銭湯もダメかもね。

皆、無事家に着いてるかな?


後から気がついたのですが、
震度5、大きい地震の揺れで、
ガスの元栓がOFFに自動的になるそうです。
この時、ガスは壊れていたんではなくて、
自動的にOFFになっていただけだった。



2011/3/12

眠い疲れたと思ってるけど、全然眠れないんです。
だって、いつ大きな余震がくるかわからないし。
緊急地震速報のチャイムって、どうしてあんなに怖いんだろう。。。
家は揺れるし、チャイムは鳴るし。
熟睡したい。

近辺で地震があると、
少しだけ揺れてるような気がします。
確かに、発生当時よりは、
少しだけ余震の頻度は減ってるのかも。
でも、これだけ余震が沢山あると、
揺れてるのか揺れてないのか、
感覚がおかしくなってくるんです。

被災地の人は、もっと不安なはず。
テレビで、沢山の人の涙を見ました。
同じく私も涙してます。

眠れないだけじゃなくて、食欲も全然ありません。
変に寝たり起きたりしてるから、頭も痛いし、吐き気も酷いし。
コンビニには、おにぎりが売ってなくて、
売れ残りのレトルトとカップ麺だけ。
そりゃそうだよね。
被災地の人に送るのが優先なはずだし。

それにしても、とりあえず、地震は早く治まって欲しいです。
平穏だった日々が、いつのまにかこんな事になって、本当に心が痛いです。




寄付

Yahoo!の緊急災害募金に募金しました。
他にも、数々の募金に協力しました。
沢山募金して、忘れちゃったけど、覚えてるのだけ、紹介します。
ペット避難所
井口選手と福島県須賀川市の市庁舎を作ろう!復興支援プロジェクト

Yahoo!の復興サイトにて募金ができます。







あれから[20200311]

被災地にいない私たちは、
被災地の悲惨さを知る機会は格段に少ないです。
あの時の怖かったことは、
今でも覚えてはいるけど、不安は薄れてきています。
でも、それは危機感がなくなっているということかもしれません。

災害は増えてきている。
台風の勢力も日々大きくなっているし、
新型肺炎コロナウイルスなど、新しい病気も。

そういう時に、
自分が助かるだけの行動をするんじゃなくて、
皆で助け合って生き残れるための行動をすることが
大事なんじゃないかなって思います。
インターネット、SNSで情報が多く得られる中で、
間違った行動が行われるための情報が出てしまうこと。
年々、その勢力も大きくなっているのを感じます。
また、何かが発生したときの悪口、批判とか、
誰かに共感されたいのかもしれないけど、
それで共感を得たところで、きっと何も変わらないし、
不安な気持ちが共感されても、より皆が不安になるから、
それは皆で助け合って生き残れるための行動ではないと思います。

だとしたら、皆で生き残るための行動って何だろう。
医者でもなければ、コロナウイルス対策なんてわからない、
震災の時、寄付だけではなくボランティアとか、
実際に被災地に行って、
復興のために瓦礫1つでも拾った方が役に立ったのかも。
今思えば、いかに自分が何もできてないか、思い知らされます。

微力の自分にできることはないかを考えて、
人の役に立てることができたら嬉しいです。
被災地の方々が大変だし、病気になられた方も。
自分が役に立つために、日々できることをしていければと思います。




非常用発電販売



ぐるぐるラジオトーチ

まさか、本当に、これを使う事になるとは思いませんでした。
いつだったか忘れたけど、会社でもらった、ぐるぐるラジオトーチです。
つまみを回すだけで発電、ライトも点灯するし、
ラジオも聴ける、乾電池も充電できるというモノです。
またはラジオトーチ相当のもの。

Amazonでの商品情報詳細はコチラ。
   楽天での商品情報詳細はコチラ。