ボーナスサイト  

タルのページ > まんがでわかる7つの習慣の簡単なまとめ



まんがでわかる7つの習慣シリーズの簡単なまとめ


スティーブン・R・コヴィーの7つの習慣のコミック版です。
まず1冊目で7つの習慣の全体が簡単に説明があって、
以降、それぞれの習慣について、
事例を基にマンガで細部説明が行われています。


宝島社 「まんがでわかる」シリーズ

まんがでわかるスティーブン・R・コヴィーの7つの習慣

・問題の見方を「インサイド・アウト」に変える。
→ 人は物事を見たいように見ている。
  自分自身の内面から変えるようにする。

・主体性を発揮する。
→ 人として、自分の人生の責任を引き受ける。
  流された無自覚な行動をするのではなく、自分で選択した自覚的な行動をする。
  自分では変えられないことに、いつまでも悩むのは無意味。

・目的を持って始める。
→ 終わりを思い描くことから始める。
  日々でさまざまな役割を果たすときに、自分の価値観を明確にし、
  方向をはっきり定めて行動する。生活の中心を考え、「ブレない自分」を手に入れる。

・重要事項を優先する。
→ 忙しさに身を委ねると、その場は充実するかもしれないが、
  人生を振り返ったときに後悔する。緊急ではないが重要なこと、
  人間関係作り、仕事や勉強の準備や計画、健康管理や自己啓発に使う時間を増やす。

・Win・Winを考える。
→ 勝つか負けるか、物事を「二者択一」で間勝ちであるが、
  交渉で問題を解決する際に、双方にプラスになる事を考える。
  公的成功とは、他者を打ち負かして手にする勝利のことではない。
  関わった全員のためになる結果に達するように、効果的な人間関係を築くこと。

・理解してから理解される。
  「話す」ことより「聞くこと」から始める。
  自分の経験で解釈したり、評価しようという聞き方をすると、
  肝心の相手は、「話を聞いてくれた」と感じない。
  共感による傾聴で、心を開く。

・相乗効果を発揮する。
  個別のものを合わせて個々の和より大きな成果を得る。
  自分とは違うものには否定的になりがちだが、違いを尊重する。
  根気よく人と接することで、Win-Winの第3案に到達できる。

・刃を研ぐ。
  日々、自分を鍛え、「切れ味」を高めていく。
  1日1歩でいいから、毎日できるように習慣づける。
  「素晴らしい1人の人間」になる。

「まんがでわかる7つの習慣」



まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣

「まんがでわかる 7つの習慣」の本の続編です。


・問題の見方を「インサイド・アウト」に変える。
→ 人は物事を見たいように見ている。
  自分自身の内面から変えるようにする。

・主体性を発揮する。
→ 人として、自分の人生の責任を引き受ける。
  流された無自覚な行動をするのではなく、自分で選択した自覚的な行動をする。
  自分では変えられないことに、いつまでも悩むのは無意味。
・目的を持って始める。
→ 終わりを思い描くことから始める。
  日々でさまざまな役割を果たすときに、自分の価値観を明確にし、
  方向をはっきり定めて行動する。生活の中心を考え、「ブレない自分」を手に入れる。

パラダイムと原則、第1の習慣、第2の習慣。


「まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣」



「まんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣」

第3〜5の習慣、公的成功と私的成功について
まんがでわかりやすく書かれたものです。
中でも、公的成功と私的成功の話が好きです。

人間の信頼関係は、銀行の口座と似ている、
相手から信頼される行動を増やすことで、
相手からも信頼されるようになる。
その相互関係が沢山生まれることにより、
沢山の成功が生み出される。

職場でうまくいかないなら、
まず自分が相手のために動くこと。
多くの人の心の中に自分の「預金」を増やすことで、
公的成功が生まれてくると思います。

「まんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣」



まんがでわかる7つの習慣4 第6の習慣/第7の習慣/第8の習慣

7つの習慣だったんだけど、
その効果に厚みを持たせるために、
スティーブン・R・コヴィー博士が
第8の習慣というものを発表しました。
中でも、「刃と研ぐ」の話が好きです。

「刃を研がなければ大木は切り倒せない」

肉体的側面で刃を研ぐには、
食事、休養、運動によって、
生活を楽しめるための肉体的能力を維持します。
精神的側面で刃を研ぐには、
人生について考える本を読んだり、瞑想したり、
自然や音楽に触れるなどをすることで、
自分の価値観をより明確化にすることです。

日々、そういった活動の積み重ねが重要です。
それを忘れてしまいそうなときは、
第1の習慣「主体的である」ことを思い出し、
自分から活動を変えていく必要があります。

人生を変える7つの習慣。
一つ一つの選択を、よりよい人生を送るために、
良い選択ができるようになりたいです。


「まんがでわかる7つの習慣4 第6の習慣/第7の習慣/第8の習慣」



世の中には色々な方々がいて、
職種も違う所で仕事している方々の考えなど、
自分に取り入れられる部分はいくらでもあります。
それを無料で知る事ができる世の中になったのです。
勿論、無料の情報は価値が低いものが多いです。


成功者には成功者のオーラを感じる方々もいます。
とても博識で自分の知識が及ばないなんて方々も沢山います。
そういう方々に関わる事で、
自分の目標を再確認できるし、もっと自分を大きく成長させる事もできます。


何もせず生きていると知ることのできないこと、
その中には未来の自分のためになることが沢山あるのです。
自分を磨き続けましょう!!!


関連日記

これを読んでくれた方々が、
素敵な成長と出逢いができますように!!!

先駆者から成功について学ぶ
自己投資 成長のためのヒントとなる本の紹介
通勤時間を有効的に使う方法