ボーナスサイト   

タルのページ > アフィリエイトで成果を出すために



アフィリエイトで成果を出すために



私も以前は、闇雲にアフィリエイトを始めていました。
A8.netやAmazonを中心に、ブログ展開を実施し、
アフィリエイトを実施していましたが、成果は微々たるものでした。
ただ、それらは改善できます。

簡単に挙げるとすると以下になります。



伝わりやすい文章を心掛ける

ブログやメルマガ、その他どんな文章でも良いですが、
「書く」という行為をする時には、
何かしらの伝えたいメッセージがありますよね?

ではそのメッセージが伝わりやすい文章になっているのか、
なっていないのか。
伝わりやすい文章とそうでない文章とでは、何が違うのか。

代表的な3つの違いについてお伝えしていきたいと思います。

まず、複数の人に向けた文章を作る際に、
必ず意識すべきことがあります。

それは、

・誰が読んでも同じ解釈ができる

ということ。

読む人によって異なる解釈になってしまっているということは、
誤解や認識のズレを生んでしまいます。

これこそが、メールのタイトルにもつけた、
「伝わらない文章」ということです。

当然、アフィリエイトであれば、
成約率にも大きく影響してくるでしょう。

極端な話ですが、
小学生でも伝わるくらいのイメージで書く
ということを意識すると良いかもしれません。

では伝わりやすい文章とそうでない文章とでは、
何が違うのか。

1つずつご紹介していきます。

・形容詞を多用すると伝わらない

例えば、

「あの美しい女性」

と言われても、美しいと感じるのは人それぞれですよね。

こういった曖昧な表現は、
ブログやメルマガなどでアフィリエイトをする際には、
多用すると伝わりにくい文章になってしまいます。

ビジネスメールでも、

「すぐに対応します」

と言われると、
「すぐっていつだよ?」
と思った経験のある方もいるのではないでしょうか。

ではどうすれば良いのか。

形容詞を数値化、具体化してあげるのがコツです。

例えば、

「人気の教材」

であれば、

「2017年上半期のインフォトップのランキングで、1位の人気教材」

というように数値を入れることで、
皆が同じ解釈をできるようになります。


続いては、

・こそあど言葉を多用すると伝わらない

こそあど言葉というのは、

これ、それ、あれ、どれ、などの指示語
のことを指します。

日常会話の中で活用する分には、
違和感なく伝わるのですが、

ブログやメールになると、
指示語が何のことを指しているのか分からない、

ということが良く起こるのです。

一瞬でも「このってどのことだろう?」
と考える時間を与えてしまうと、読み手のストレスにつながります。

流し読みしている時に、
急に「この手法は・・・」

と言われても、
どの手法のことを言っているのか分からない、
というように認識のズレも生じてしまいます。

例えば、

「これからわかるように」

という表現も、

「グラフ1で示したローソク足の動きからもわかるように」

というように、
誰にでも同じように伝わることを意識してください。


そして最後は、

・ビッグワードを多用すると伝わらない

です。

ビッグワードというのは特にアフィリエイトでは使いがちですが、
「最適」「最強」「最速」
というような、

言葉の解釈の範囲が大きすぎて、
受け取る人によって印象が変わってしまう言葉を指します。

最適とはどの基準で最適と判断しているのか。

最強とは何と比べてもっとも強いのか。

最速とはどのくらいの速さなのか。

ここが伝わらなければ、
訴求しているようで、何も訴求できていません。

これらのビッグワードも、
誰が読んでも同じ解釈にたどり着く言葉に
置き換えていくことを意識してみてください。


訳あり商品でも売れる理由

・スーパーのおつとめ品
・割れてしまったおせんべい
・カタチの悪い切れ端ケーキ
これら、いわゆる「訳あり商品」を、
あなたも一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。

有名な話ですが、
半端なカタチのケーキが、
あまりにも売れるので、
わざとカタチを悪くしたケーキを、
工場で大量に作っているメーカーもあるそうです。


人はいいことばかりをプッシュされるような、
商売色が強くなると、
自然と信憑性を感じなくなってしまいます。

そして逆にネガティブなことを伝えられると、
信頼感が増してくるのです。


それはなぜか。


「ものごとには、必ず短所がある」
ということを、私たちは心の奥深くで知っているからです。

長所だけを聞かされると、
なにか足りない、と
無意識に感じてしまいます。

ですので、

長所だけでなく
短所の情報を入れることで、
リアリティが出てくるのです。


例えばあなたは次のうち、
どちらのストーリーを読みたくなりますか?

「大学を出て大手企業に就職。
 その後、持ち前の研究熱心な性格を活かして
 FXにチャレンジ。
 そこでも大成功して、
 今は妻子にも恵まれ、幸せに暮らしています」

という話と、

「大学を出て大手企業に就職。
 その後、持ち前の研究熱心な性格を活かして
 FXにチャレンジ。
 そこでは全財産を失うほどの大失敗を経験。
 しかし、心を入れ替えて再起に成功。
 今は妻子にも恵まれ、幸せに暮らしています」

という話。

おそらく普通は後者を選ぶのではないでしょうか。

ポジティブなストーリーだけで終始するのではなく、
このネガティブからポジティブへのギャップが
ポジティブな要素をより一層引き立ててくれるのです。


とはいえ、
ネガティブ要素ばかりが目立ってしまっては、
当然、購入には至りません。

ネガティブ要素を、
どのように盛り込むのが効果的なのか、お伝えします。


先にデメリットを伝え、その後メリットを伝える。

なぜかというと、
そもそも人は「最後の印象」を、
全体の印象として記憶します。

あなたのメルマガやブログ全体の印象を決定付けるのは、
最後の印象なのです。

ですから、最後にメリットを持ってきて
その商品の良さ、魅力、価値を伝える必要があります。


つまり、
デメリットを先に話してしまい、
その後でメリットを話す。
そうすることで、メリットがより大きく、
強烈に印象に残すことができるのです。

特に、先に提示したデメリットに対して、

「そのデメリットを上回るメリット」

を伝えることで、一層そのメリットが際立ち
成約率・売上がグンと上がるでしょう。


読者に読みたいと思わせる文章

新聞、ネット記事、雑誌、、、
なんでも良いのですが、
何かしらの文章を読んだ時、

「途中で読むのをやめてしまうもの」
「最後まで読み込んでしまうもの」

これら2つに分かれるかと思います。

この2つの文章の違いは何なのか。
あなたは答えられますか?


「途中で読むのをやめてしまう文章」
「最後まで読み込んでしまう文章」


この2つの文章の違いは何かというと、

「読む人が“自分ごと化”できるかどうか」

ここに違いがあるのです。


文章を読んでいて、

・まさに自分のことじゃん!
・自分が興味あった話だ!
・自分と同じ境遇の人がいる!
・自分が求めていたのはこういうことだったんだ!

こんな時に読者は「自分ごと」しています。


特にメールやブログは
不特定多数の人に対して発信するものですよね。

読者にとってみれば、
今立ち止まってわざわざ読まなくてもいいものです。

つまり、あなたがブログやメルマガで紹介するものも、
読者からすると、今わざわざじっくり読む必要はない。

そう考えている人がいっぱいいるということです。

当然顔も知らない人たちなので、
一人ひとりと直接向き合って、
必要性を問くわけにもいきません。


そんな中であなたが紹介するものを
相手に“自分ごと”として感じてもらえるかどうか。

ここが大きく成約率に影響すると言えるでしょう。


では“自分ごと”として捉えてもらうために、
どんなことを気をつければいいか。

いちばん簡単かつすぐにできるのは、自分の成功体験です。

例えばFXであれば、

「私はこれまでいろいろなFXのロジックを試したけど、
 どれもうまくいかなかった。
 でもこのロジックを実行しただけで本当に一週間で10万円稼げました!
 本当にビックリです!今後はこのロジック1本でいきます!」

このように体験談は、
ロジックを実践した時のシーンや、
その時の気持ち、感情を伝えることができます。

そのロジックを試したことがない人にとっては、

自分の求めているものが満たされるかどうか
事前の判断材料になるのです。

また「自分が求めていたのはコレだったんだ!」

というこれまで自分でも気づいていなかった
新たなニーズを掘り起こすこともできる
というメリットもあります。

だからこそ、体験談が効くのです。


ここで大切なのが、
体験談を自分ごとできない人に伝えても意味がありません。

どういうことかというと、

億万長者に対して、
「こんな私でも10万円稼げました!」
と言っても、即スルーされてしまいますよね。

つまり、
・どんな人に「自分ごと」させたいのか。
・どんな人なら「自分ごと」してくれるのか。
・どんな人が思わず「自分ごと」してしまうのか。

ターゲットを明確にしてから、
このスキルを使ってみてください。


ブログやメルマガで最初に書くべきこと

ブログやメルマガで最初に書くべきなのは、
「結論」です。

ストーリーの盛り上がりを考えると、
「起承転結」にしたいという気持ちもわからなくもありません。

しかし、
ブログやメルマガの場合は、
結論である、もっとも大切なことを最初に書くのが重要です。

ではなぜ、
雑誌や小説では「起承転結」で書いた方が
続きを読みたくさせるのに、
ブログやメルマガでは「結論」を先に書くべきなのか。

理由をお伝えしていきます。

例えばあなたが雑誌や小説を購入したことを想像してください。

いつも買う雑誌でも、
最近ハマった小説でも構いません。

そこに書かれている文章を、
あなたはじっくりと時間をかけて読みますよね?

あなたが気になって、
お金を出して購入したものであれば、

当然そのお金を無駄にしないためにも、
じっくりと読んでいくことかと思います。


では、あなたがメルマガやブログで
偶然目にとまった文章はどうでしょうか。

雑誌や小説を読むのと同じように、
すべての目にとまった記事をじっくりと読みますか?

そんなことはないかと思います。

流し読み、飛ばし読みが普通ですよね。


このように、
Web媒体の文章のほとんどは、
全文読まれることはない

という認識を持つ必要があります。

例えば雑誌の横書きの文章を読む時は、
左から右に行を読み進めていき、
また左に戻るという読み方をしますよね。

「Z字型」で視線が進んでいくと言われています。

しかし、メルマガやブログの場合
はどうでしょうか。

斜めに読んで短時間で要点をつかもうという意識が働くため、
そうはいきません。

最初の1行や2行はしっかり読まれていても、
徐々に飛ばしながら読まれるため、

「F字型」で視線が進んでいくと言われています。

ではなぜ、雑誌などの紙媒体とブログやメルマガでは
異なる読み方をされてしまうのか。


ブログやメルマガが雑誌のように読まれない2つの理由
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

理由は大きく分けて2つあると思います。

1つ目は、流入経路が違うから。

雑誌の場合、あなたが興味のあるものを、
あなたのお金で購入する場合がほとんどですよね。

だから、その価格以上の情報を得なくては、
という思考が働くので、
無意識のうちに集中して読む姿勢になっているのです。

しかし、メルマガやブログの場合はどうでしょうか。

読者はあなたのメルマガやブログに、
偶然たどり着くことがほとんどです。

シーンもさまざまで、

通勤電車の中であったり、
トイレの中であったり、
ベッドの中でたどり着くということもあるでしょう。

そのため「読むぞ!」という思考ではない場合が多いのです。

何か他のことをしながらの、
「ながら読み」をしている人も多いでしょう。

そして2つ目の理由ですが、
単純に視認性が低いから。

特にスマホで見られる方は雑誌と比べると
かなり視認性が低いはずです。

これにより目が疲れてしまうというのもまた、
斜め読みされる理由のひとつと言えるでしょう。

以上のように、
ブログやメルマガは雑誌のようにじっくりと読まれません。

だからこそ、
温度感の高まっている最初の段階で、
結論という情報を届ける必要があるのです。

一番伝えたい結論を最初に持っていくことで、
ターゲットの心をぐっと掴むことができます。


続きを読みたいと思ってもらうためには、
読者に“自分ごと”として感じてもらえるかどうか。

ここが重要になってきます。

つまり、最初に結論を伝えて、
ターゲットに対して、
「これは自分のための文章なんだ」

という認識を与えるということです。


与沢翼さんの動画を観て

そんな時に、TVで与沢翼さんという方が出演していて、
最初は、誰だ?このとんでもない金持ちの人はと思ったのですが、
その金持ちになるための方法の一部を、YouTubeで動画で紹介していたので、観てみました。
そこから、説明上手な感じ、アフィリエイト、ビジネスに関して、
惹かれる部分が多少あったので、実際、販売しているDVDを観てみることにしました。
オークションで安値で手に入れたのですが、「アメブロマスターズ」というものです。

その動画などを観て思ったのですが、
闇雲に始めていても、到底、追いつくことはできない、
ビジネスのスキルというものがいかに大事か、
最新情報がいかに大事かという事を思い知らされました。
アメブロマスターズのDVDは、もう正式には販売していません。



アメブロマスターズDVD

ノウハウコレクターにならないように

闇雲に始めて失敗していたことを全て見直して、
一からアフィリエイトをやり直したのですが、
それで、いきなり4万の成果を出すことができました。
これは完全にまぐれでした。

そこから、twitterのツール、フォローマティックを買ってみて、
それでアフィリエイトをすることで、成果が継続するようになりました。
8ヶ月で、20万近くの成果を出すことができました。

ただ、フォローマティックの購入通信に、アフィリエイトの最新情報などを、
伝えてくれることがあるのですが、与沢翼さんの話と大体同じ、
要は、同じ情報が流れているように思いました。

アフィリエイトの成果が出せなくて、困っているなら、
まずはビジネスのスキルだったり、最新情報だったり、
それを手に入れることが大事かもしれませんが、
それをかき集めたところで、ある程度までしか上達しません。
もし、そのノウハウを手に入れるのであれば、
あまり多くを買わない方がいいと思います。



アフィリエイトの攻略方法