ボーナスサイト  

タルのページ > 打撃理論のまとめ



打撃理論のまとめ


野球の木製バットは、アオダモの木が使われています。
木製バットは折れると捨てられますが、
それをリサイクルして箸が作られました。

NPB日本プロ野球機構公認。リサイクル。
野球ファンにとっては、マストバイ、必須アイテムです!

かっとばし。



一般的な打撃理論

以下に、一般的に言われている打撃理論を記します。

打率の上げ方 バットの握り方

バッティングの基本を知っていますか?

「素振り」
「ティーバッティング」
「下半身で打つ」

このように考える人は多いと思います。
しかし、これは間違いです。


ではバッティングの基本とは何なのか?
それは『バットの握り方』です!

何だそんなことかと思ってはいませんか?
本当に真剣にバットの握り方を
考えたことがありますか?

ただ握りやすいように
ただテキトーに握っていませんか?
だから打てないんです。

「打ちやすい握り方」で
ずっと練習しても打てるわけありません。
「打てる握り方」で
やれば自然と打てるようになるんです。
これが打てる人と打てない人の差です。

バットを振る以前に
バットを握るわけですから
握り方が間違っていたら
バッティングも間違っているのです。

当然のことです。

ではどのように握るのが良いのか?

それは『指でバットを握る』のです。
指の第2関節のところで
バットを握ることで手首が自由に使えます。

よく指導者に
「手首を柔らかく使え」と
言われることがあると思います。

でもどうやって
手首を柔らかく使えばいいのか。
指で握れば
自然と手首が柔らかく使えるようになります。
自分で動かそうとするのではなく
勝手に動くという感覚は
バッティングにおいてすごく大事です。

だから基本がすごく大事です

日々の練習から
「握り方」を意識して練習してみてください
おのずと結果は変わってくると思います。



バットの握り方を相手投手で変える

相手ピッチャーのタイプによって
バットの握り方を変えると
打てるようになったヒットが
もっと安定的に打つことができます。

また、ヒット自体が長打になったり
ホームランになったりします。

ピッチャーのタイプによってバットの握り方を
知っているのか知らないのかでは
結果が大きく変わってきます。

これを実践できれば
球場を沸くようなホームランを打ち、
みんなが見ている中
ゆっくりとダイアモンドを1周できるでしょう。

では、相手のピッチャーのタイプとは何なのか?
タイプは大きく分けて2つです。
「本格派」 と 「技巧派」です

簡単に言うと
本格派は
速いストレートを
どんどん投げてくるピッチャーです。

技巧派は
変化球を得意とし
変化球で抑えに来るピッチャーです。

相手投手がどちらのタイプなのか見極めて
これからお話しする
バットの握り方を使い分けてください。

タイプ別のバットの握り方とは何なのか?

「本格派」は手のひらでがっちりと
「技巧派」は指で軽く

です。

なんで握り方を変えるかというと
指で握って
「本格派」のピッチャーを打とうとすると
力負けして、いい当たりだけど
正面という打球が多くなります

これはピッチャーに力負けしているんです。

だからストレートが速いピッチャーと
対戦するときは手のひらでがっちりと握ってください。

特に右打者なら右手、左打者なら左手を
より強く握ると力負けせずに
外野の頭を超える打球が打てます。

手のひらで握ると手首が柔らかく使えないじゃん?
と思っていると思います。

実は、ストレートが速いピッチャーに
手首を柔らかく使う必要はないんです。

特に高校野球は金属バットなので、
力のあるボールに力負けせずに
当てられたらめちゃくちゃ飛びます。

だから手のひらで握った方がいいんです。

「技巧派」は変化球で抑えようとしてきます。
この時は、手首の柔らかさが重要なんです。

変化球には
「縦」、「横」、「奥行き」
の変化球があります。

「縦」とは
フォークとか縦カーブといった縦方向に変化するもの、
「横」は
スライダーやシュートのようなもの、
「奥行き」は
チェンジアップ、スローボールです。

これすべてに対応しないと打てないわけです。
そのためには
手首が柔らかく使えることがすごく大事になります。

指先で軽く握ることで
「縦」、「横」、「奥行き」
すべてに対応できるようになります。

だから相手ピッチャーの
タイプによって握り方を変えるだけで
ヒットをより安定的に
しかも長打やホームランを打つことができます。

今あなたがバットを握れる状況なら握ってみてください。

最初は違和感があると思いますが
握っていればそれが自分のものになります。

そして練習で打ってみてください。
打球が変わってくるはずです。
握り方を意識してもっと打率アップして下さい。



オーバースロー投手の攻略法

オーバースローとは
腕を上から振り下ろし投げる投法のことです。

この投法の特徴として
高めの球には同じ球速でも力があり
低めの球は上から振り下ろす分
打者が思っているよりも低い場合がほとんどです。

そのことから言えることは
高めは力負けし弱いフライになってしまうことが多く、
低めはボールの上をたたいてしまい
内野ゴロになる可能性が高いです。
それを避けるために
オーバースローの投手の
打つべきボールは、中途半端な高さの球です。

高めと低めには手を出さず
中途半端な高さのボールを
多少外角にはずれたボール球でも
積極的に打っていきましょう。

また、中途半端な高さのボールは
ピッチャーがボールを離す際
しっかりと力が伝わっていない場合がほとんどです。

なので多少のボール球でも
ヒットにできる可能性がとても高くなります!!

そのために今すぐしてほしいこと、それは、
しっかりと踏み込むです。

一度立ち上がって
ピッチャーが投げるのを
イメージしながら踏み込んでください。
しっかりと踏み込むことで
外角の球もしっかり打つことが出来ます。
そして狙い球を絞ることで
ヒットを打てる確率も確実に高くなるでしょう。



サイドスロー投手の攻略法

サイドスローとは
横手投げの投法のことを言います。

このタイプの特徴は
外角の球は逃げていき、シュート回転します。

このタイプのピッチャーは
横の変化球で打者を翻弄し、
外角の変化球を意識させながら
内角の速球で詰まらせるという組み立てが多いです。

オーバースローと
比べると打ちずらそうですが
実は欠点も多いのです。

それは
高さの甘い外角でも我慢することです。
サイドスローの投手は
外のボール球になる変化球で
ストライクを稼ぎに行きます。

しかしそれを見逃されると
より内側へ投げざるを得なくなります。
そこに来た球を見逃さず打ち返しましょう。

さっきも述べたとおり
サイドスローの球はシュート回転しています。
その球質は打たれると
強い打球になりやすい特徴を持っています。

今回の場合は甘く入ってきた球を
強打することが大事です。

バットの芯で打つことができれば
ボールの芯をはずしても
サイドスローからはヒットになる確率は高いです。

しかしこのタイプの
ピッチャーに追い込まれると
非常にヒットにできる確率が下がってしまいます。

追い込まれるまでが勝負です。

イメージしてみてください。

外角は見逃し内側に入ってきた球は
多少高かったり低かったりしても強打する。

これを意識さえすればサイドスローなんてもう怖くありません。



アンダースロー投手の攻略法

アンダースローの攻略法、
それは、バッターボックスのギリギリの所に立って打つ!です。

アンダースローとは下手投げの投法のことを言います。
このタイプの特徴は高めの球は浮き低めの球は沈む、
この二点です。

このタイプのピッチャーは
打者の手元で若干変化させバットの芯を外したり
タイミングをずらして凡打で打ち取るといった組み立てをします。

またこの投げ方は稀で
対戦したことがないことがほとんどです。

しかし甲子園などを見るとたまに出てきますが
ほとんどの強豪校が
このタイプの投手に苦戦をしいられています。
対戦したことがないので仕方ありません。

しかしどんなタイプでも必ず欠点があります。

アンダースローは球速はほとんど出ません。

遅い球中心で変化球を多く使ってきます。
遅い球なので甘いコースに投げてしまうと
ヒットになる確率が他のタイプより高いので
コントロールが非常に良い場合がほとんどです。

なので高低左右に投げ分けてきます。

しかし打者にバッターボックスのギリギリ前に立たれると
低めの沈むボールはキャッチャーに届く前に
ワンバウンドしてしまい
高めのボールも
キャッチャーが捕球するまでに
ボール球になってしまいます。

そうなってしまうとピッチャーは苦しくなるため
低めに投げるときはより高く、
高めに投げるときはより低く投げなければならなくなります。
そうなってしまえばバッターの勝ちです。

もともと遅い球なので
しっかり引きつけて打てば
ヒットを打つには
他のタイプに比べればとても簡単です。



打率を上げるために

打率を上げるために。
そのコツとして、ストレートを狙い打つです。
その理由を説明します。

ほとんどの投手はストレートを中心に投球します。
なぜなら変化球は肘への負担が大きく
多投してしまうと怪我をしやすくなるからです。

そのため指導者も投手を指導する際、
ストレートを主体とする教育がなされてます。

例外的にチームの4番打者など
スター選手に対しては慎重に変化球で攻めたりします。
そうじゃない打者に対して
そのように攻めるなんてことはほとんどありません。

ストレート主体で打ち取りにかかります。
そこを狙い打つのです!!
球種を絞らないで打つより、絞って打つ方が
ヒットになる確率は高いです。
そうすれば今より打率を一割上げるなんてとても簡単です。



好きなコースを打つ

ヒットを打ったことを振り返るとき、
どこのボールを打ったか考えてみてください。
内角・外角などコースは様々だと思います。

一か所のコースでヒットを打つ割合が
確実に多いことに気づくはずです。
そこが自分の得意コースなのです。

ほとんどの野球選手は
自分の得意コースがあるのですが
そこ以外のボールに手を出して
凡打してしまうケースがほとんどです。


3回に1回ヒットにできれば一流選手になれます。

プロのピッチャーですら
キャッチャーの構えたところに
毎回ボールがいくことはありません。

そう考えると
自分の得意コースのボール以外の
ボールを打つなんてもったいないです!

バッティングにおいて練習すべきことは
色々なボールに対応するのではなく
いかに得意なボールを打ち損じないかなのです。

一度、スペースのあるところで
スイングしてみてください。
無意識に振ったバットの軌道こそ得意なコースです。



スイング前の脱力感

一般的な考え方だと打つ瞬間は歯を食いしばり
力を込めてスイングすると考えられていますが、
そうすると全身の筋肉が硬直し、力は発揮できても
スピードが失われてしまいます。

非力の打者が強い打球を打つには
自分の力を込めるよりも
速いスピードでバットを振り抜き
バットの重さを生かす方が断然効率が良いです。

しかし、打つ瞬間に脱力するのは
イメージしてるよりも少し難しいです。
コツとしては
打つ瞬間に息をフッと吐きながらスイングすると
上手く脱力することが出来ます。



ボールの内側を叩く

打率が高い打者によく見られる共通点...
打率を高める方法と長打を打つ方法のコツはまったく逆です。

三振をしない打者は指導者にとっても魅力的な選手です。
ここぞとという場面で三振されたら
チームの士気もガタ落ちしてしまうからです。

そのコツは、ボールを長く見て打つ!です。
ボールの内側を叩くイメージです。

あまりイメージがわかないと思いますが
意識としてはボールをギリギリまで引きつけて打つ感じです。
そうすることにより
選球眼が今までの3倍はよくなります。
選球眼とはストライクとボールを見分ける力のことをいいます。
ボールを長く見ることで
変化球の対応力が飛躍的に伸び
ボール球になる変化球に手を出さなくなります。

そうなると相手投手は
変化球で空振りが取れなくなるため
甘いコースに投げてしまう確率が高くなります。



内角球の打ち方

打者にとって
インコースの得手・不得手は分かれてきます。
プロの強打者でも
インコースに苦しめられるとよく聞きます。

あのメジャーリーグでプレーしていた松井選手も
インコース攻めに苦しんでいた時期がありました。

しかしインコースを得意とする打者には共通点があります。

それはトップの位置を頭から離す!です。

たったこれだけ意識するだけで
インコースの対応力が飛躍的に伸びます。

今までファールにしかならなかったのが
フェアゾーンに強い打球が飛ぶようになります。

インコースをとらえきれるなら
ホームランを打つのは難しいことではありません。



打つ時の目線

打撃で意識して欲しいこと、
それは、重心の位置です。

ボールは見えているのに
凡打となる原因のほとんどが
ボールを打つ際に
目線が上下にぶれてしまっているからです。

そこで目線をぶれさせないように
重心の位置が重要になってきます。

軸足に重心をおくことで
踏み込んでも目線がぶれず
ミートすることが出来ます。

構えた際の重心の比率は
軸足8踏み込む足2がベストです。



速球対策

速球対策。それは、
打席に入る前に重いバットを振るです!

木製のマスコットバットでもいいですし
普通のバットに重りをつけてもかまいません。

それらがないなら
2、3本のバットで素振りをしても
効果は期待できます。


なぜそうするのかというと
早い球に対応するにはタイミングではなく
スイングスピードが重要となっていくからです。

スイングスピードを速くするには
日々の素振りやトレーニングが必要となってきます。

しかし打席前に
今回お教えしたことを実践するだけで
一時的ではありますが
普段使用しているバットが軽く感じ
スイングスピードが爆発的に早くなります。

なので速いボールに対しても
ギリギリまで見極めることが出来るようになり
変化球にも対応できるようになります。

結果的に打率もグングン上がり
試合のたびにヒットを打てるでしょう。



鏡の前での素振り

打撃向上の為に一番効果的なのは、
鏡の前で素振りを行う、ミラースイングです。

鏡に自分のスイングを映りこませ
ストライクゾーンをテープなどで
四角く囲うことで自分が今どこを振っているのか
確認しながら振ることができます。

イメージだけでスイングするのと
目で確認しながら振るのとでは練習効率が断然違います。

もし大きな鏡がないのなら
全身が映り込むガラスの前でもかまいません。
自分の姿が薄っすらでも映っていれば効果は出ます。



速球対策

速球対策。それは、
打席に入る前に重いバットを振るです!

木製のマスコットバットでもいいですし
普通のバットに重りをつけてもかまいません。

それらがないなら
2、3本のバットで素振りをしても
効果は期待できます。


なぜそうするのかというと
早い球に対応するにはタイミングではなく
スイングスピードが重要となっていくからです。

スイングスピードを速くするには
日々の素振りやトレーニングが必要となってきます。

しかし打席前に
今回お教えしたことを実践するだけで
一時的ではありますが
普段使用しているバットが軽く感じ
スイングスピードが爆発的に早くなります。

なので速いボールに対しても
ギリギリまで見極めることが出来るようになり
変化球にも対応できるようになります。

結果的に打率もグングン上がり
試合のたびにヒットを打てるでしょう。



鏡の前での素振り

打撃向上の為に一番効果的なのは、
鏡の前で素振りを行う、ミラースイングです。

鏡に自分のスイングを映りこませ
ストライクゾーンをテープなどで
四角く囲うことで自分が今どこを振っているのか
確認しながら振ることができます。

イメージだけでスイングするのと
目で確認しながら振るのとでは練習効率が断然違います。

もし大きな鏡がないのなら
全身が映り込むガラスの前でもかまいません。
自分の姿が薄っすらでも映っていれば効果は出ます。



ホームランを打つための練習

ホームラン打ちたくないですか?

野球選手として
1度はあこがれるホームラン。
きれいな放物線を描いて
スタンドに吸い込まれ
観客が歓声をあげるホームラン。

打ちたいですよね。

「でも体小さいし」
「パワー無いから無理」
「1度も打ったことないよ」

と思っていませんか?

ホームランはだれでも
打てるようになります。
ホームランを打つためには
やるべきことがあるのです。

バッティング練習の中で
フリーバッティングをやると思います。
あなたは何を意識して
フリーバッティングをしていますか?

このフリーバッティングの意識で
試合でスタンドが湧くような
大きなホームランを打って注目されるのか
いつまでたっても
外野フライで凡退する
見ててつまらないバッターで
終わるのか決まります。

あなたがこれを知らないまま
フリーバッティングを
いくらやったとしても
絶対にホームランは打てません。


絶対にホームランが打てます。


フリーバッティングで
何を意識すればいいのか?

それは
・遠くに飛ばすこと
・ゴロを打たない
ことを意識してください。

思い切り遠くに飛ばすことだけ
意識して打ってください。

打ち損じたとしても
絶対にゴロを打たないでください。
フライが上がるのはオッケーです。

なぜゴロを打たないのか?
なぜ遠くに飛ばすのか?

フライを打つことでボールを
打ち上げる感覚をつかむことができます。
それにプラスして
遠くに飛ばそうとすることで
体全体を使って打つので
自然とパワーが付いてきます。

これはホームランを打つのに
非常に重要なことです。

よくフリーバッティングで
低い打球を一生懸命打つ人がいます。
その人はホームランを
打てるようにはなりません。
なぜなら打ち上げる感覚がわからないからです。

考えてみてください。

あなたはバントが
できるようになりたかったら
バントの練習をしますよね?

守備がうまくなりたかったら
守備の練習をたくさんしますよね?

なら

ホームランが打ちたかったら?
ホームランを練習をすることです。

これがホームランを打つための1番の近道です。

いくら筋トレをしてパワーをつけても
ホームランを打つ練習をしていないと意味がありません。

だから今すぐ練習のフリーバッティングで
思い切り遠くに飛ばし打ち上げてください。

そうすることであなたは
絶対にホームランが打てるようになります。



打つときに力を入れるタイミング

ボールを打ちに行く時
どこで力を入れて打ちますか?

これを知っているのと
知らないのでは打球の質が大きく変わってきます。

大きなあたりを打って
「やった。長打だ!」と思ったのに
外野手に捕られた経験ないですか?

何が言いたいのかというと
要は
打球が失速するか
失速せず伸びる打球になるかの違いです。

バッティングとは
ピッチャーが投げたボールに
バッターがどれだけ力を与えられるかで
打球のスピード、飛距離は変わります。

当然、より速い打球の方が
ヒットになる確率は高いですし
飛距離が出ればホームランにもなります。

だからバッティングは
力の伝え方がすごく重要です。

正しい力の伝え方ができれば
体が小さくてパワーがなくても
ホームランや強い打球は打てます。

もし知らなければ
一生懸命に力を入れて
打っているのに打球は遅いし
バットに当たる確率もすごく下がります。

正しい力の伝え方を
実践することで今までとは
見違えるような打球が打てるでしょう


どこで力をいれるのが1番いいのか?


それは
インパクトの瞬間です。


当たり前のようですが
意外とみんなこれができてません。

イメージとしては
構えているときは力が0
インパクトの瞬間が100
という感じです。

やってみてほしいのですが
右手を前に伸ばして上から誰かに
叩くようにして、腕を下に押してもらってください。

1回目は
最初から100の力を入れて耐えてください。

2回目は
叩かれる瞬間だけ力を入れて耐えてください。


どうですか?


2回目の方が耐えられてませんか?


これが一番効率の良い力の入れ方なんです。

これをバッティングに置き換えて考えると
構えた時から力を入れて打つのと
インパクトの瞬間だけ力を入れて
打つのでは衝撃が違うのです。

だから打球の勢いも変わってくるのです。

では、どのようにして
インパクトの瞬間だけ力を入れる練習をするのか。

それは
テキトーに打てばいいんです。

考えてみてください。
あなたは脱力の練習をしたことありますか?
無いと思います。

この脱力が
バッティングではすごく大事です。

野球は力を入れることばかり練習して
「力む」ということが自然と
染みついてしまっています。

脱力されているから
力を入れることができるのであって
力んでいたらそれ以上に
力は入りません。

だから普段の練習から
テキトーに打ってみてください。

不思議なことでテキトーに打っても
インパクトで勝手に力が入ってしまいます。

これは体が当たる瞬間に
力を入れることを覚えているからです。

ということは
インパクトで力を入れようとしなくても
脱力さえできてれば
勝手に力は入るようになっているということです。

その感覚を普段の練習で
テキトーに打つことで養ってみてください。



素振りで意識するべきところ

何を意識して素振りをするのか?

それは
・どのボールを
・どこに
・どんな打球を打つのか
この3つです。

例えば
アウトコース真ん中を
セカンドの頭に
ライナーで抜ける打球を打つ、
こんな感じです。

これをイメージして振るだけで
自分が描いたボールに対して
理想のスイングに
体が勝手に動いてくれます。

素振りは
相手投手の投げるボールを
自分で決めることができる練習です。
だからこそ自分の苦手なボール
得意なボールを
どこに
どんな打球を打つのかイメージするだけで
試合でも
それと近いボールが来たときに体が自然と動いてくれます。
だからヒットがたくさん打てるのです。

人間は脳の指令によって
体が動くので脳の中で打っている自分を
鮮明に描けばいいんです。



三振回避法

三振回避の為にすること、それは、
きわどいボールが来たら払い打つことです。

払い打つとは
右打者の場合は右手を、
左打者の場合は左手を
ミートの瞬間に離して打つ打法です。

これを実践することにより
今ままではバットが届かず
空振りしていたボールにも当てることができます。

そうなると2ストライク後の
難しいボールで三振することがなくなり
投手の球数を増やすことで失投を誘いやすくなります。



素振りで理想のスイングを行う

「インコースが詰まる」
「変化球に当たらない」
「当たってもファールにしかならない」
と悩んではいませんか?

そこには確実にそうなる原因があります。

それを直さなければ
いつまでたっても
バットにボールが当たることはないし
ヒットも打てません。

原因に気づき、直すことができれば
自分の思い通りのスイングが手に入り
どんなピッチャー、どんなボールでも
打ち返すことができます。

そしてチームメイトからも
教えてほしいと頼まれるでしょう。


では、
バットにボールが当たらない原因は何なのでしょう?
それは
『ドアスイング』です。
ドアスイングとは簡単に言うと
「バットのヘッドが体から離れる」ことです。

よく
「ドアスイングはだめだ」
「インサイドアウトで振れ」
と教えれると思います。

なぜドアスイングがダメなのでしょうか?
それは、ドアスイングだと
インコースは詰まるし
アウトコースは届かないんです。
当然変化球も当たりません。

アマチュアからプロまで見ても
打率を残したり、ヒットをたくさん打つ
選手にドアスイングの人はいません。

ドアスイングからインサイドアウトのスイングに
変えることができれば、スイングに幅ができます。

プロ野球選手がよく使う
「面で打つ」ということになってきます。


どうやって
ドアスイングを直し
インサイドアウトのスイングを手に入れるのか?

それは
『ゴルフスイング』です。

ゴルフスイングとは
名前の通りゴルフのように振ればいいのです。

実はゴルフのスイングは
低めのボールを打つ理想のスイングなんです。

バットのヘッドが体の近くを通って前に抜けていく。
まさに理想です。
それを少しずつ上にずらしていけば
インサイドアウトのまま
真ん中、高めと振ることができます。

そうすることでミートポイントの長い
「面で打てる」バッターになれるので
間違いなく打率が上がります。



スイング、ダウン、レベル、アッパー、どれが一番よいか

「ダウンスイング」
「レベルスイング」
「アッパースイング」

どのスイング軌道わかりますか?
どのスイング軌道で打つのが1番打てるのか
わかっていないといくら練習しても
ヒットはおろかバットにさえ当たらないでしょう。

バットに当たらない、練習しても意味がない
ますます打てなくなる悪循環です。

しかし
ちゃんと打てるスイング軌道を知り
それをちゃんと身に着けさえすれば
自然とバットにボールが
当たるようになっています。

あなたはお手本のようなスイングで
ヒットを量産できるでしょう。
チームの中心選手となり活躍するためにも
しっかりと打てるスイング軌道を身に着けてください。

では、どのスイング軌道が1番打てるのか?

答えは
「レベルスイング」です。

レベルスイングが打てる理由は
相手投手の投げる
『ボールの軌道』

『バットスイング軌道』が入ることです
ピッチャーはマウンドから投げるので
当然上から下に向かってボールは来ます。

レベルスイングするによって
ボールの軌道にバットが入り
打つポイントが前でも真ん中でも
後ろでもバットに当たります。

バットに当たる確率が高くなれば
当然、ヒットの確立も上がるというわけです。

レベルスイングを
「地面とバットが平行」
と勘違いしている人がよくいますが
これは間違いです。

平行で低めを
どうやって打つのか?打てるわけありません。

レベルスイングとは
両肩、グリップ、ヘッドが
一直線になることです。
だから、高めは地面とバットは平行になるはずです。

しかし
真ん中から低めはヘッドは下がるはずです。

これは肩も下がっているからアッパーではないんです。
肩とバットが一直線であれば
それはレベルスイングです。

どうやってレベルスイングを身に着けるのか?
「ゴルフスイング」です
ゴルフスイングを意識して素振りをしてください。

アッパーだと感じる人は
今までダウンスイングだったということです。



アッパースイングとゴルフスイング

この違いを理解することで
あなたは理想のスイング
きれいなスイング軌道を手に入れ
きれいなクリーンヒットを量産し
チームメイトからも尊敬の目で見られることでしょう。

もし、違いを知らないまま練習をしていたら
ぐちゃぐちゃなスイングのままで
チームメイト、観客、小中学生からも笑われることでしょう。

そしてあなたは
悔しい、恥ずかしい思いのまま引退を迎えます。


この違いを理解し
あなたが周りの人に教えられるようになってください。


ゴルフスイングはアッパースイングなのか?
アッパースイングではありません。


「でも振り上げるスイングじゃん」
と思うと思います。

確かに最後は振り上げています。
しかし
インパクトまでの軌道を考えてみてください。
ゴルフスイングは
上から振りだし、インパクトには
レベルになっていると思います。

一方、アッパースイングは
インパクトまでが下から振りだす軌道のこと言います。

これが
ゴルフスイングとアッパースイング
の違いです。

イメージするなら
もしゴルフスイングで
アッパーになっていたら
ボールを打つ前に
地面を打っているということです。


だからゴルフスイングは
アッパースイングではないのです。
振り上げるからアッパーではないのです。

インパクトまでの軌道が
すごく大事です
その違いを理解して
もう一度ゴルフスイングをやってみてください。



軸足回転の意識

あなたは打つときに意識していますか?

軸足回転を意識して
打っていたるあなたは間違いです。

軸足回転のせいで
あなたは打てなくなっているのです。

あなたが
この記事を読むことによって
今まで常識となっている軸足回転の
間違いに気づくでしょう。

そして
軸足回転によって
打てなくなっているあなたは
間違いに気づくことによって
驚くほど
バットが振り抜け
楽な力で
今までの倍の強さの
打球が飛んでいきます。

相手の守備があなたの打球を恐れることでしょう。

もし、軸足回転の間違いを知らないと
恐ろしいことになります。


軸足回転がなぜ間違いなのか?

それは
「軸足回転」は
「軸回転」とは全くの別物だからです。

この2つを一緒のものだと
思っている人が非常に多いです。
ものすごく危険なことです。

考えてみてください。

軸足回転とは何でしょうか?

フィギアスケートやバレエのように
片足で回転するとしたら
それは軸足回転でしょう。

しかし
野球のように両足が
地面についている状態で
軸足回転したらどうですか?

回転できますか?
できないと思います

逆に
両足を地面に着けて
体の中心で回転してみてください。

素早く、しかも楽に回転できると思います。

この違いを理解してください。

軸足回転では
回転力は生まれません

軸足ではないのです。
大事なのは「軸」です。
これは素振りからも意識できます。
今すぐできることです。

今から軸足回転はやめて
軸回転へと変わりましょう。

そうすればあなたの
打球は驚くほど変わるでしょう。



バットのトップの位置

バットをスイングする際、
バットのトップの位置、
あなたはどこにありますか?

トップの位置を大事にすることで
ボールを捉える確率が驚くほど上がります。

あなたは確実に打率が上がるのです。

ヒットを量産し
メディアから注目される
そんな自分になりたくないですか?

もしあなたが
この内容を知らないと
あなたの打てない状態はずっと続きます。
狙っているの球も
相手の投げた失投も
打ち損じてしまい三振することを
繰り返してしまいます。

そうならないためにも
トップの位置を覚えてください。

ではトップの位置はどこがいいのか?

いつでもバットが振れる位置です。

いつでもバットが振れるとは
あなた以外の誰かに
適当なタイミングで
手を叩いてもらって
その瞬間にバットが振れるかどうかです。

合図が出て
振りに行く時に
無駄な動きが入ってしまうのは
あなたのベストな
トップの位置ではないのです。

あなたのすぐに振りだせる
トップに位置を見つける必要があります。

正しいトップの位置を
見つける練習があります。

連続スイングです。

連続でスイングすることで
余計な動きがなくなります。
余計な動きがあるから打ち損じるのです。

無駄のない動きにすることで
振りたいところに振りだせます。

連続スイングをして
何回か振った時に
テイクバックで止めてみてください。
そこがあなたのトップです。

いつでも振りにいける状態になっていると思います。

これがあなたのベストな
トップの位置と言えます。

今すぐあなたの
トップに位置を見つけてください。
その位置を覚え
繰り返し染み込ませることで
あなたの打ち損じはすべてなくなるでしょう。



速球を打つ方法

「狙い球が来たのに振り遅れる」
「振りだすときにどこかぎこちない」

こんな悩みありませんか?

あなたは
狙い球を確実に
100%捉える力を身に付けるので
チャンスでも
タイムリーヒットを打つことができ、
必ず打率は上がります。

チームにとって欠かせない存在となります。


狙い球さえも
打てないようなバッターは
チームにとって必要のない選手です。

そうなりたくないのであれば
今回の内容をしっかり読んでください。
打率を上げるのに非常に重要なことです。


何をすればいいのか?
それは打席の中で
体を常に動かすことです。

大きく動かす必要はありません。
バット、足、おしり
どこでもいいので
常に動かすことを意識して
打席でボールを待ってください。

なぜ動かしながら待つのか
人間は
動→動の
動きが1番スムーズです。

これを意識することで
狙い球が来た時に
自分の思った通りに振れるのです。

止まった状態から振ろうとするから
思ったより動きが遅いんです。
ボクサーなんかはそうですよね。
常に足を動かしています。
だからパンチをよけられるし
素早くパンチを打てるのです。



関連日記

金森理論 ボールを捉えるポイント
日本の野球を世界一に!!!






プロ野球の選手の方々の著書から学ぶ

一流の方々の考え方を身につけることにより、
自分も一流に近づけると思います。
沢山の方々が本を出しています。
私は、桑田真澄さんの「心の野球」が特にお薦めです。
野球の話だけではなく、これからの生き方の参考にもなります。

Amazonでの商品情報詳細はコチラ。

楽天での商品情報詳細はコチラ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

非常識のすすめ [ 里崎智也 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心の軸 ブレないメンタルをつくる [ 井口資仁 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/9/17時点)







マリーンズ・ベースボール・アカデミー

千葉ロッテマリーンズのコーチ陣が野球の細かいところを教えてくれます。
全部で12巻あります。投手編や打者編、守備編等色々あります。
例として、現役選手の映像を基に説明もしてくれます。

Amazonでの商品情報詳細はコチラ。

楽天での商品情報詳細はコチラ。