ボーナスサイト  

タルのページ > 自宅オーボエ練習上達法



自宅オーボエ練習上達法

読んで頂いて、ありがとうございます。もし、参考になる部分があれば、
Twitter、Facebookなどのボタンを押していただき、多くの人にシェアしていただけたら嬉しいです。


初心者向けオーボエ教本&DVD 3弾セット




32800円。DVD、テキスト等。
オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座。


脱・チャルメラ。本格的なオーボエレッスンを自宅で再現♪

「オーボエの音が好き。」

この一文に、ウンウンとうなづいて下さっているあなたに。


今日はとっておきの情報をお伝えしたいと思います。


実は、プロが教える本格的なオーボエレッスンを、
ついに自宅で受講できるようになりました!


家でゴロゴロしながら、パジャマでもOK。

好きな時間に、好きな分だけ受講できるレッスンです。



オーボエといえば・・・

「オーケストラで最初に音出しをする、あの素敵な音色・・・」

「のだめカンタービレで黒木くんが吹いていた素敵な楽器」

といった印象があると思います。


ですが同時に

<<めちゃくちゃ難しい!!!>>

という印象もあると思います。


やはり、美しいものには刺がある、ではないですが、
あれだけの美しい音色を出すには、それ相応の苦労がある・・・。


ところが、

この常識をくつがえす教材が登場しました。


自宅で楽しく、ラクラク「オーボエ上達」を叶えるレッスンです。

講師は、本場ウィーンのオーケストラで主席オーボエをされていた
“佐藤亮一”先生です。


佐藤先生のオーボエレッスンはとてもユニークです。

まず、「腹筋いらない」と言っています。

えー!?と思いますよね。


本当の音の作り方は、腹筋ではなく、ある部分を意識して
吹くことだそうです。

さらに、オーボエの音程が狂うのは、基準の音がそもそも
間違っている、とおっしゃっています。

オーボエで基準にするのは「ラ」の音が一般的なのですが
それこそが、音程が狂う原因なのです。


佐藤先生の話を聞いていると、目からウロコです。

新しい発見だらけで、話を聞いているだけで、なんだか
オーボエがすごく上達したような気分になるくらいです。


初めてでも本格的なオーボエレッスンをご自宅で受講できます。

方法はとても簡単。

DVDとテキストが届くので、DVDを見るだけです。


口元、手元のアップや、横からのアングルなど、とても
分かりやすい映像で解説されているので、見て、吹いてみるだけで
グングン上達するでしょう。




講師の佐藤先生は、ウィーンの国立音大で学ばれた本格的な
オーボエ奏者です。

在学中より、ウィーンのオーケストラでオーボエを吹いていました。

しかも師匠はウィーン・フィルのオーボエ奏者だった
ゲルハルト・トゥレチェック氏です。

帰国後は、全国を演奏活動しつつ、自身の教室でオーボエを教えて
いらっしゃいます。

さらに、中学、高校でオーボエのトレーナーとして指導にも
あたっていらっしゃいます。

いわば、演奏も教えるのもスペシャリストと言えるでしょう。


オーボエは教える人がいないことから、独学で学んで変な癖が
ついてしまっている方も多い楽器です。

同じ学ぶなら、本場の奏法を熟知している先生の
分かりやすいレッスンのほうが上達も早いでしょう。


しかも、佐藤先生のレッスンは曖昧な話が出てきません。

どう吹けば、どんな音が出るのか。

変な音はどうやって吹いていると出るのか。

具体的に実践しながら解説しています。


ですから、見て一目瞭然、聞いて納得のレッスンです。



想像してみてください。

あの、憧れの可憐なオーボエの音色を、自分で奏でることができたなら。


オーボエの音色は独特の美しさがあります。

他の楽器にはない魅力がありますよね。


ですが、なかなか教えてくれるところがないのも事実です。

これを機会にぜひ、あなたもオーボエにチャレンジしてみませんか?


初めてでも今なら、楽器選びの方法をプレゼントしています。

楽器を選ぶところからでも安心です。


「ずーーーっとオーボエに憧れていた!!」という方は

このチャンスをお見逃しなく♪

  ↓↓商品情報詳細はコチラ↓↓



脱・チャルメラ。本格的なオーボエレッスンを自宅で再現♪

「オーボエの音が好き。」

この一文に、ウンウンとうなづいて下さっているあなたに。


今日はとっておきの情報をお伝えしたいと思います。


実は、プロが教える本格的なオーボエレッスンを、
ついに自宅で受講できるようになりました!


家でゴロゴロしながら、パジャマでもOK。

好きな時間に、好きな分だけ受講できるレッスンです。




オーボエといえば・・・

「オーケストラで最初に音出しをする、あの素敵な音色・・・」

「のだめカンタービレで黒木くんが吹いていた素敵な楽器」

といった印象があると思います。


ですが同時に

<<めちゃくちゃ難しい!!!>>

という印象もあると思います。


やはり、美しいものには刺がある、ではないですが、
あれだけの美しい音色を出すには、それ相応の苦労がある・・・。


ところが、

この常識をくつがえす教材が登場しました。


自宅で楽しく、ラクラク「オーボエ上達」を叶えるレッスンです。

講師は、本場ウィーンのオーケストラで主席オーボエをされていた
“佐藤亮一”先生です。


佐藤先生のオーボエレッスンはとてもユニークです。

まず、「腹筋いらない」と言っています。

えー!?と思いますよね。


本当の音の作り方は、腹筋ではなく、ある部分を意識して
吹くことだそうです。

さらに、オーボエの音程が狂うのは、基準の音がそもそも
間違っている、とおっしゃっています。

オーボエで基準にするのは「ラ」の音が一般的なのですが
それこそが、音程が狂う原因なのです。


佐藤先生の話を聞いていると、目からウロコです。

新しい発見だらけで、話を聞いているだけで、なんだか
オーボエがすごく上達したような気分になるくらいです。


初めてでも本格的なオーボエレッスンをご自宅で受講できます。

方法はとても簡単。

DVDとテキストが届くので、DVDを見るだけです。


口元、手元のアップや、横からのアングルなど、とても
分かりやすい映像で解説されているので、見て、吹いてみるだけで
グングン上達するでしょう。



講師の佐藤先生は、ウィーンの国立音大で学ばれた本格的な
オーボエ奏者です。

在学中より、ウィーンのオーケストラでオーボエを吹いていました。

しかも師匠はウィーン・フィルのオーボエ奏者だった
ゲルハルト・トゥレチェック氏です。

帰国後は、全国を演奏活動しつつ、自身の教室でオーボエを教えて
いらっしゃいます。

さらに、中学、高校でオーボエのトレーナーとして指導にも
あたっていらっしゃいます。

いわば、演奏も教えるのもスペシャリストと言えるでしょう。


オーボエは教える人がいないことから、独学で学んで変な癖が
ついてしまっている方も多い楽器です。

同じ学ぶなら、本場の奏法を熟知している先生の
分かりやすいレッスンのほうが上達も早いでしょう。


しかも、佐藤先生のレッスンは曖昧な話が出てきません。

どう吹けば、どんな音が出るのか。

変な音はどうやって吹いていると出るのか。

具体的に実践しながら解説しています。


ですから、見て一目瞭然、聞いて納得のレッスンです。



想像してみてください。

あの、憧れの可憐なオーボエの音色を、自分で奏でることができたなら。


オーボエの音色は独特の美しさがあります。

他の楽器にはない魅力がありますよね。


ですが、なかなか教えてくれるところがないのも事実です。

これを機会にぜひ、あなたもオーボエにチャレンジしてみませんか?

  ↓↓商品情報詳細はコチラ↓↓



ギネス認定の世界一難しい楽器「オーボエ」の攻略法がついに登場

「音程が悪い」

「音がチャルメラになる」

オーボエ吹きの永遠のテーマ、こんな悩みをあっという間に
解決できる方法が、ついに登場しました。



ギネスブックにも認定された「世界一難しい楽器」=オーボエ。

ですが、その音色がとても好きという方は多いです。


あなたもきっと、そんな一人だと思います。

ただ、いかんせん難しい。


何が難しいのかというと

・吹いていると、どんどん息苦しくなる

・指使いがややこしい

・音程が狂いまくる

・高い音がどんどんチャルメラになる


などなど。


あなたにも思い当たるフシはないでしょうか。

実は、息苦しくなるのは、「息が余っているから。」

意外と知らないまま、顔を真っ赤にして吹いている方を
お見かけすることがありますが・・・。

これは酸欠状態になっているので、はやく息を吐いて、
新しい空気を吸わなくてはなりません。


こうしたオーボエ吹きの悩みをあっという間に解決し、
あなたにも憧れの美しい音色を手に入れられる教材をご紹介します。


自宅で楽しく、ラクラク「オーボエ上達」を叶えるレッスンです。

講師は、本場ウィーンのオーケストラで主席オーボエをされていた
“佐藤亮一”先生です。


佐藤先生のオーボエレッスンはとてもユニークです。

まず、チューニングは「ラ」じゃない、と言います。

えー!?と思いますよね。


これは教える側も知らない場合が多いようです。

ですが、オーボエの音程が狂うのは、基準の音がそもそも
間違っている、と言うのです。

オーボエで基準にするのは「ラ」の音が一般的なのですが
それこそが、音程が狂う原因なのです。


佐藤先生の話を聞いていると、目からウロコです。

新しい発見だらけで、あっという間にオーボエが上達する
というのも頷けます。


あなたにも、本格的なオーボエレッスンをご自宅で受講できます。

方法はとても簡単。

DVDとテキストが届くので、DVDを見るだけです。


口元、手元のアップや、横からのアングルなど、とても
分かりやすい映像で解説されているので、見て、吹いてみるだけで
グングン上達するでしょう。



講師の佐藤先生は、ウィーンの国立音大で学ばれた本格的な
オーボエ奏者です。

在学中より、ウィーンのオーケストラでオーボエを吹いていました。

しかも師匠はウィーン・フィルのオーボエ奏者だった
ゲルハルト・トゥレチェック氏です。

帰国後は、全国を演奏活動しつつ、自身の教室でオーボエを教えて
いらっしゃいます。

さらに、中学、高校でオーボエのトレーナーとして指導にも
あたっていらっしゃいます。

いわば、演奏も教えるのもスペシャリストと言えるでしょう。


オーボエは教える人がいないことから、独学で学んで変な癖が
ついてしまっている方も多い楽器です。

同じ学ぶなら、本場の奏法を熟知している先生の
分かりやすいレッスンのほうが上達も早いでしょう。


しかも、佐藤先生のレッスンは曖昧な話が出てきません。

どう吹けば、どんな音が出るのか。

変な音はどうやって吹いていると出るのか。

具体的に実践しながら解説しています。


ですから、見て一目瞭然、聞いて納得のレッスンです。



想像してみてください。

あの、憧れの可憐なオーボエの音色を、自分で奏でることができたなら。


オーボエの音色は独特の美しさがあります。

他の楽器にはない魅力がありますよね。


ですが、なかなか教えてくれるところがないのも事実です。

これを機会にぜひ、あなたもオーボエにチャレンジしてみませんか?


「ずーーーっとオーボエに憧れていた!!」という方は

このチャンスをお見逃しなく♪

  ↓↓商品情報詳細はコチラ↓↓








音楽業界の攻略方法についてまとめてみました。
音楽業界の攻略方法