ボーナスサイト   

タルのページ > 好きな女性に振り向いてもらう方法 > 第三章



好きな女性への連絡に焦りは禁物

メールや電話番号、LINE、Twitter等、連絡先を聞くことに成功したら、
早いうちに、最初の連絡をしてみるようにしましょう。
最初のメールは失敗しても、大丈夫です。
女性の頭にイメージを残しておく事が大切です。


メールでは、なかなか返事がこなかったり、
本当に返信がもらえなかったりすることも多々あります。
ただし、そこは焦らないで、余裕を持つことが必要になります。
返信がもらえないのは、本当に忙しかったからかもしれません。
もしくは、送ったメールが、返信しにくかったからかもしれません。

自分の好きな女の子が
今何をやっているんだろう?
と気になったことはありませんか?

男性からの想いは
とても嬉しいものですが、
残念ながらそれが長く続くと
それが重荷になる事もあります。

極端な例を挙げます。
「好きな歌手は?最近何かはまってる?今日の夕食は?今度休みの日遊びに行かない?」
これは、とても悪い例、相手に、長くなりそうなメールを強要してしまっています。
相手の事を知りたいと思っても、一度に沢山聞くのは控えるようにしましょう。
それよりも、メールの回数を増やす方が、効果的になります。
自分に対して、メールを打ってもらうこと、その機会を増やすこと、それが重要です。
回答しやすいような質問がいいと思います。
自分に対して、それだけの時間を費やしてもらっている事に、感謝をしましょう。


後ろ向きな文章のメール、自分のことばかり言うメール。
これらは、送らないほうがいいです。相手が受信して楽しくなるようなメールにしましょう。

相手の状況を無視してメールを送るのもよくないです。
相手が寝ようとしているのに、メールを送り続けるとか、
相手が忙しい時に、返信を要求するようなメールを送ったり、さらに連発でメールを送ったり。
言葉だけのやり取りは、時に、気分を大きく害してしまいます。本当に、要注意です。
相手の状況に気を使って、状況に合わせてメールしてあげてください。


返信が来ない場合はどうするのか?
もっと前向きな考えをもつようにしましょう。
必ずしも、嫌われていると決まったわけではありません。
知り合いと逢っているかもしれません。仕事をしているかもしれません。
メールを受信したことを、たまたま忘れてしまったのかもしれません。
既に寝てしまっているかもしれません。
1回や2回返信がなかっただけであれば、全然問題ありません。



メールをすることで、 あなたが気に入っている女性を、
誘い出し、会うという行動を自然にさせることができます。

焦りは禁物です。

初対面に近い状態で、二人で逢うためのメールを送るのは、よくありませんが、
ある程度、メールのやり取りもできるようになってからであれば、
相手を誘い出すためのメールも効果的になります。
百聞は一見にしかずです。
何回もメールするよりは、一度逢ったほうが、二人の仲は、どんどん深いものになります。
最終的なゴールは、二人で逢う為、それを念頭においてください。
目的もゴールもなしに、淡々とメールを続けるのはやめた方がいいと思います。
勿論、いきなり気持ちを伝えるのも、良くありません。焦りは禁物です。



共通の趣味を見つけられたら、それをつなげたらいいと思います。
メールをしていて、女性が洋楽のファンということがわかったら
洋楽のコンサートのお誘いをしてみましょう。
「一ヶ月後、サマーソニックっていう、
 洋楽中心の夏フェスあるんだよね。チケットあるけど一緒に行かない?」
というお誘いであれば、何ら問題はありません。自然な流れの中での誘い方になります。


お互いの気持ちを伝えたりするのは、何回か会って仲が深まってから。
出会って、お互いの仲が深まっていない状態なら、
メールは相手と共通の趣味などを見出すものということを覚えておいてください。



電話もかけられるようになりました。
初めは出てもらえたのに、徐々に電話に出てもらえなくなってしまった。
それは、用もないのに、女性に電話を何回もしてしまったのだからだと思います。
女性に電話をかけることで、自分のために、時間をとってもらえるのです。
それに感謝する気持ちをもちましょう。

相手の寝ている時間にかけるのはやめましょう。
「もしもし、今大丈夫?」
まずは、相手の状況に合わせ、相手が電話できる状況かを確認するようにしましょう。
これだけで女性が受ける印象は違ってきます。

もしも電話に出てもらえなくても、また電話をかけるのは、極力やめましょう。
これも焦燥感、不安に襲われる気持ちになってしまうかもしれませんが、
相手も、仕事で忙しかったのかもしれません。寝てたかもしれません。
不在着信が何度もあったら女性に限らず、誰でも嫌だと思います。
暫く、一日とか待つようにしてみましょう。



毎日のようにメールしたり、電話したりしていたら、相手は好意に気づきます。
興味をもってもらってない場合、淡々としたメールしか返してもらえません。
自分が、何回もメール送ってしまう状態になり、
相手にとって、自分は面倒だと思われてしまったら、非常にまずいです。
相手に警戒心が芽生えてしまったら、危険信号です。
一度でも、そういう流れを作ってしまうと、取り返すのが非常に困難になります。
電話やメールの折り返しがないのは、こういった状態になったからです。
そうならないように、焦らないで、余裕をもって連絡を取りましょう。



焦らないで、徐々に。これがコツです。
出会った瞬間に女性から素敵だと思われるのは、滅多にありません。
何回も、根気よく、アピールを継続していく事が必要となります。

お互いの友達を呼んで遊ぶとか相手の警戒心をといてあげる工夫も必要です。
いきなり2人で遊ぶよりは、警戒心もなく、楽しんでもらえると思います。


初対面の状態から、いきなり付き合う状態にすることはできません。
女性の脳の構造は、基本的に、そういう風にはできていないからです。
女性が男性を意識し始めるのは、少しずつ、徐々にです。
自分の気持ちをコントロールする訓練が必要です。
慣れることで、自然にできるようになります、心がけてみてください。



焦らないでも大丈夫 妄想性認知に負けないように!

メールの返信が来なくて、「妄想性認知」、
自分一人で悪いほうに解釈してしまいがちです。
その気持ちに負けない自分になろう。

恋の駆け引きのために、
 来たLINEの返信はあえて遅らせましょう
」と
よく言われていますが、実は
多くの男子はLINEの返信が遅い女子に対して
「脈なしだな」と思うのです。彼氏がいるんだろうなって。

たとえば土曜日に好きな人にLINEを送って、
月曜になってやっと返信が返ってきたら、
彼は「彼女は彼氏いないと言ってたけど、
やっぱり彼氏がいるんだろうな」と思うのです。

彼のネガティブな妄想ゆえ、彼はこう思う、
という理由ももちろんあります。

でも男子って、
休日にLINEの返信が返ってこないということは、
好きな人は彼氏と一緒にいるのだろう
(だからLINEの返信が遅いのだろう)と
思ってしまうのです。それこそ妄想性認知!

つねにスマホをいじっているわりに、
LINEやフェイスブックの赤い通知が
常に10個とか30個とか、溜まっている人だっています。


「すぐ(返信が)欲しい、今すぐ欲しい」という
妄想性認知に流されないことが大切じゃないかなと思います。

恋って、そんなにはやいスピードで
展開しないものです。もっとゆっくり進むものです。

「彼からの(彼女からの)返信が来ないなあ。
 でも今日はもう遅いから寝ようかな」と思いつつ、
 愛しい人の夢を見る――これくらいのスピードで進むのがいい恋です。



ダメな男性の代表例
  ↑こうならないように!


好きな女性に振り向いてもらう方法

第一章 -オーラを身につける-
第二章 -前向きな意識を心がける-
・第三章 -連絡に焦りは禁物-
第四章 -相手に合わせて話す-
第五章 -告白は良い雰囲気で-


「好きな女性に連絡する頻度」
「年下の彼女 年上の彼女 どちらが良いか?」
「彼女ができない人あるある」
「ナンパの極意」
「モテる男性の特徴 20個のまとめ」
「すぐに恋人ができる人の特徴 5個のまとめ」


「好きな女性に振り向いてもらうLINEやメール(例文有り!)」