5番目の卒業日誌 2008/9

2008/9/13

シャカラビの曲でもある 「ポビーとディンガン」の本があるって言ったら、 本も借りたいって話になり、 結局、今度焼肉に行くことになりました。

そんなこんなで良い一日で終わるはずでしたが、 半分寝てた時に、焼肉の約束メールをしてて、 気がついたら僕は寝てました。。。

朝になったら電気もつけっ放しで、 なぜかクーラーも入ってて、ECO精神に反してました。 メールの送受信簿を見てたら、、、 実は、、、後輩ちゃんに「大」ではないけど、 好きですって言ってる部分があって、、、 自分で送信したメールを見て真っ青になりました。 他に好きな人がいる後輩ちゃんに、 そんなことして良いんだっけ???嫌われそう...

今までだと、階段が10段あったとして、 僕も後輩ちゃんも3段まで降りてて、 僕が4段目に降りようとすると、後輩ちゃんはそれを拒んで、 僕を3段目に戻そうとするんです。 でも、あのメールで、 階段で転んで7段目ぐらいまで僕が降りた感じです。 後輩ちゃんは一緒に降りてくれるのか、、、逆に1段目に戻るのか... 多分、いきなり好きって言っては駄目で、 歩調を合わせなくてはいけなかったのに...

夜は遅かったから?後輩ちゃんからの返事はなく、、、 こんな状態で焼肉はどうなるのか、コンサートは、、、 もう遅いかな... でも、いつかは後輩ちゃんに大好きって言いたかったから、 そんな大げさな言い方じゃないけど、少しすっきりしました。



2008/9/15

今日は、後輩ちゃんと焼肉デート。これでデートは2回目。
本当は、幸せな一日にしたかったんだ。

それは家に帰ってきてからの事でした。

家に帰ったら、最近働き過ぎたからか、 体中が痒くなる感じ、蕁麻疹を発祥させてしまいました。

腕、足、顔、お腹、全身に広がっています。。。 後輩ちゃんと焼肉での待ち合わせまでに治まれば良かったけど、 全然治まらなかったんです。気持ち悪い。。。

全身が赤く染まってるのを見て、 気分的にも耐えがたいものがあるし、全身が痒いし、 折角のデートなのに、、、 体調が悪かったから断ろうと思っても、 最初に誘ったのは僕だし、後輩ちゃんが予約してくれたから。。。

蕁麻疹の薬を3倍飲んで、待ち合わせに間に合う時間まで ベットで寝てたら、寝坊、、、 後輩ちゃんとの待ち合わせに遅刻しました。

僕は人が遅れるのを待つのは大丈夫ですが、 自分が遅れるのは絶対ダメなんです。 しかもよりによって大好きな人とのデートで遅刻なんて...

こんな赤く染まった姿を見られたくないしって思ったら、 手が震えてるのがわかって、、、 薬を飲み過ぎたからか気分も悪いし、 折角の焼肉が全然食べられなくて、、、 一応話だけしたみたいな、前回よりも酷いデートでした。 前回は凄く楽しかったのに。。。完全に僕が悪いです。。。

何で、こんな無茶なスケジュールだったんだろう。 草野球は、今思えば休むべきだったのかもしれない。 遅刻はするわ、肉は残すわ、、、 こんな頼りがいの無い姿を見せてしまったのは初めてで、 正直、こんな錯乱状態の僕といて、 後輩ちゃんは楽しくなかったんだろうと思う。とは言われてないけど。 今日は頑張ろうって決心したけど、、、失態でした。 断るべきだった。病気発症の時点で。

勿論、家に帰って悲しくなって当然なんだけど、 薬が強いのか全身がバラバラになってるのを感じます。

最高の一日にしたかった日が、 最悪の一日になって、僕はダメな人です。 つき合った人と長続きはしないし、 好きだった人にも好きと言わないし。 でも、今回は、たまたまこんな日に病気発症で醜態。 全ては終わってしまった、そんな感じです。

僕の人生って、こんな人生かって、 精神的に耐えがたいものが残りました。もう全部嫌です。 また泣くの?いつも気が済むまで泣いたと思うけど。 もういくらでも泣いてしまいます。


昔から、人と食事をするのが苦手でした。 残してはいけないという想い、 それが強烈に強くて、プレッシャーになって、 今日は、それがあったから、ストレスで、 蕁麻疹も出てしまって大変だったんだと思います。

思えば、 子供の頃から、食事は苦手でした。 それを母が治そうと、毎日、 タベナサイタベナサイって怒って、 全部食べるまで何もできなくて。 結局、食べられなくて、2時間近く、 食卓の前にいた事もありました。 そういう出来事があったから、 潜在意識の中に、強烈に、 トラウマとして残ってしまったんじゃないかな。

ダメな時は、全然食べられません。 今後、ずっとこのままなのかな? こんな僕を、後輩ちゃんが好きになってくれるのかな?

相変わらず後輩ちゃんは可愛かったです。 だから嫌われるような事はしたくなかった。 最悪な気分の日は意識が朦朧としてて、 夢で後輩ちゃんが出てきて、、、 夢の最後の僕は、いつも独りです。

最悪の日も寝たら悪夢、強制的に目が覚めたのは5時、 起きて、昨日の出来事は夢だったかもと思っても、 起きて昨日の日誌を見たら、夢じゃなかったみたい...

僕は、どうでもいい人なんです。 もう、ずっと後輩ちゃんの事を考えながら生きてる。 それでも、後輩ちゃんは別に好きな人がいて、 僕は後輩ちゃんにとってはいい人なんです。 両想いを探して、見つかる事はありません。

神様はいるって思いますか? 全部嘘ですよ。だって、 今年は一人暮らしになって初めてお参りしたし、 七夕も後輩ちゃんの事を願った。 全ては上手くいくと思いますか? 全部嘘ですよ。だって、 現に上手くいってない僕がいるから。 涙の量は決まってると思いますか? 全部嘘ですよ。

もう、信じてるものとかないし、全てはぶっ壊れた状態です。 それでも、後輩ちゃん以外にも知り合った人に迷惑かけたくないから、 日々は一層辛さを増しても、 生きていきたくなくても生きていかないと、なんて。 朝なんか永遠にこなければいいのに。

昨日忘れてたけど、卒業の一つとして、 後輩ちゃんから借りてた本を全部返しました。 後輩ちゃんから借りてたものは、もうありません。

昨日、最悪な時間を過ごしてた時に、雨が降ったみたい。 そこには分岐点があって、 僕らは別々の道へ一歩踏み出しました。

他の誰も、片想い中の後輩ちゃん以外、 僕の想いは誰も癒す事なんて出来ないです。 辛い想いをしてても、日々は続くし、 人前では平然を装わないといけないなんて。

僕にはできない。 誰に笑われても、みんなが僕の悪いウワサをしても、 僕は後輩ちゃんの事が世界で一番好きです。



2008/9/16

蕁麻疹が酷いみたいです。 僕の身体が何かに浸食されるように赤く染まり、 熱も出てるみたいに体調も悪いし、 何より、吐き気が全く止まりません。

本来、この恋を始めた時は、 今日が卒業式になるはずでしたが、 後輩ちゃんに別のコンサートに誘われたから、履修状況遅延です。 でも、今日が大事になる日には間違いです。 体が耐えられるのかわかりません。 全身が痒いって信号出してる。 全てが怖いくらいに気持ち悪いです。

後輩ちゃんは週末から香港に行くらしいから、 出発前に心配事を増やしたくはないから、 何より、後輩ちゃんが取ってくれたチケットだから、 絶対行かないといけない、元気な姿を見せないと。

 一昨日の焼肉の時の醜態もそうだった。
 僕は年に何回か体調が悪くなる時があります。


 どうして、それが今なの?


この連休は後輩ちゃんに2回も会えるし、 後輩ちゃんの好きな人よりも、 後輩ちゃんが僕を好きになってくれるチャンスだったかもしれない。 でも、全身が信号を出してて、 思考能力も0に近い、錯乱状態。。。 焼肉屋でも焼肉を食べられないし、 帰りの自転車もフラフラで何回か休んだ。。。 こんな状態の僕で後輩ちゃんに振り向いてもらえるはずもないし。。。 何より、全身が何かを吐き出したいような、 そんな状態が、ここ何日かずっとです。

もし運命を信じるなら、 運命は僕らに分岐点を差し出してるみたいです。

日誌を書いても気を紛らわせる事は出来ませんでした。 それでも今から行ってきます。無理にでも元気な姿を見せに。 片想い中でも、後輩ちゃんに別の彼氏がいたとしても、 僕が後輩ちゃんを誰よりも好きだから。

いつか、この日誌を笑って振り返れる日が来るのかな。 状況は悪化の方向性しか指し示さない。

でも。後悔したくないし。



2008/9/17

コンサートは無事終わり。 大きな事故もなく、大きな進展もなかった。

体中走っていた蕁麻疹は辛かったし、 ほとんど食事も取れてなかった、 体中が熱をもっているのを感じる、 何より吐き気が止まらなかったから、 途中休憩の際にトイレに行くハメになったけど。 いつも体調が悪いのを悟られたくない時は、 タオルに好きな匂いを染み込ませて、 タオルで顔を抑える事で気を紛らわした。 今日もそうしながら、 体調の悪さを気にしないように頑張った。 なんて誰にも言ってないけどね。 きっと報われないよ。こんな無駄な事。

コンサートはAvrilLavigneです。 コンサートに行くことが決まったのは 後輩ちゃんと同じ職場だった時、春でした。 2人で行こうとしたYUKIのコンサートを僕が断って、 Avrilのコンサートに行こうとした時に、 2人はやめて4人にしたのは後輩ちゃんの方。 今度、11月のコンサートは 2人で行こうって決めたのも後輩ちゃんの方。 あれから振り返ると、 多分、2人の距離は近づいたけど、 いくら僕が距離を狭めようとしても、 いつも適度な距離を保とうとするのは後輩ちゃんの方。

一番になれないのは、 それなりの理由があるかもしれないけど、 相変わらず、僕にはわからないままです。

後輩ちゃんと、もう一人の後輩と行きました。 どちらかというと、もう一人の後輩と、 よく話した気がします。普段、その後輩とは 話す機会が少ないから、余計。 それに、後輩ちゃんと話すときは緊張するけど、 そういった事もなかったから。 後輩ちゃんとは二日前に会ってて、 2人きりになったら沢山話したけど、 3人になったら話せなかった。 元々頭がフラフラで、わけわからない状態だったし、 あんまり話した事ですら覚えてない。 唯一覚えてるのは、2人で会ってるなんて秘密だから、 後輩には言葉を選ぶ結果となったことぐらい。 そんなので良かったのかな。良い訳ないよね。 良かったのは、以前、僕がプレゼントしたのを 後輩ちゃんがカバンにつけてくれてた事。

昨日のコンサートで印象的だったのは、 ♪When You're Gone 後輩ちゃんに対して片想い中の僕が、 別に好きな人がいる後輩ちゃんの隣で聴くのは悲しすぎた。 それと、 Avrilの夫、Sum41のVoもステージに出た事。 多分、羨ましいぐらい愛し合ってるんだろう。 ステージの上には理想があって、 それを見ている客席の僕に、現実が、 隣の後輩ちゃんとの友だち以下の関係があるから。

留年です。

後輩ちゃんから貸して欲しいと言われた本を今日貸したし、 11月にコンサートに2人で行くし。 それに、、、こんな虚ろなまま終わりたくないし。

でも、、、

いくら2人で会ってても、 どうやら職場上の関係っていうのか、 今の所、友だちを超えるような雰囲気はない。

今日になってから気がついた事がありました。 家で、焼肉の時に後輩ちゃんから返してもらった本 「親指の恋人」を読み返そうと思って開いたら、 しおりが挟んであるページが、たまたま、 恋人同士がメールを送受信しているページでした。

「また明日も会ってくれるかな。  ジュリアに会う為なら どこでも行くよ。」 「わたしも会いたい。明日も、明後日も。」

って。。。 そのしおりを挟んだのは後輩ちゃんだけど、 その理由を聞いたとしても、多分、 「たまたま」って言うと思います。 でも、やっと期待を持てるような事があった。

もし「たまたま」だったら、完全に 僕の自惚れで最悪な結果をもたらす事になるけど。 もし、聞くチャンスがあるなら聞いてみます。 これが「たまたま」で無い事を期待して。

あと「たまたま」って言われないように、 もっと格好よくなれるように、 後輩ちゃんに世界で一番好きって言わせるように頑張ります。

でも、明日は仕事休もうかな。今日は死ぬ程疲れた。 人生で疲れた日ベスト10に入りそうです。



2008/9/19

先日、焼肉の時に 先輩の誕生日を祝った話を後輩ちゃんにしたら、 後輩ちゃんからも誕生日を聞いてしまいました。 近々誕生日だったりするんですが、 その時、後輩ちゃんは香港旅行中。メールは届きません。 誕生日に旅行って... 好きな人と行ってる可能性ありますよね... そうでない事を、ただ祈るしかありません。

こんな片想い中の状態で メールを送るべきか。送らないべきか。 僕から誕生日を聞いてしまっているから、、、 送るしか無いのかな...

いつも連絡を取りたがっているのに、 なぜ今回、連絡を取りたくないかというと、 あらかじめわかりきったメールでしかないから。 贈り物は突然届いた方が良いと思います。 世界一好きなアーティストYUKIもそう言ってました。 今回の贈り物は当たり前のように送信で、 つまらない男だと思われるし。

焼肉は、あの日ではなくて、 旅行後にすれば良かったんですね... 誕生日プレゼントを不意に渡せるように。

後輩ちゃんへの贈り物は、気がついたら沢山でした。 Lismoの時計(無料)、Lismoの袋(無料)、 アジカンのDVD、シャカラビのライト、、、 どれも、、、決定的なものではないんです。

今週は落ち込んだけど、2回も会って、 今日以外、ずっとメール送受信してた。全然足らない。 香港から帰ってきても、僕と会ってくれるような 可愛い大好きな後輩ちゃんでいてくれますように。 ダメな僕は、大好きな後輩ちゃんが 香港の話をしてくれる日を楽しみにしてます。



2008/9/22

「
世界で一番、大好きな後輩ちゃんへ。

こんばんは。
今日も大好きな後輩ちゃんでいてくれてますか。
今、後輩ちゃんは香港で、
楽しい旅行を堪能してる事と思います。
僕は、、、
休日予定だった日々が仕事になったから、そう、
相変わらず上司は全然ダメ、仕事しない、
残念だけど、もう疲れて寝る所です。

後輩ちゃんから夜寝る前にメールをもらえると、
良い夢を見れる気がします。
後輩ちゃんから朝仕事前にメールをもらえると、
一日、元気に過ごせそうな気がします。
もう気づいてるかもしれないけど。
僕は後輩ちゃんが大好きで、大好きで、
いつでも後輩ちゃんを幸せにしようと考えてばかり。
でも、言った事は無いからね。
もし2人で会ったら言ってもいい?両想いになれる?

後輩ちゃんからもらった
YUKIのコンサートのステッカーが貼ってある手帳、
見せてって言われた時、見せなかったでしょう。
今なら見ても良いよ。
どれだけ後輩ちゃんの事が好きか、わかるから。

高々3日連絡取れなかっただけ。
なのに辛いです。先輩って弱い、ダメでしょう。
落ち着いた後輩ちゃんの声が聞きたいです。
後輩ちゃんの声も話も全部、大好きだから。
今頃、香港で寝てるのかな。
楽しい夢を見てね。帰ったら楽しい話聞かせてね。

なんて、後輩ちゃんには別に好きな人がいて、
彼氏がいる人にするメールじゃないよね。
だからメールはしないでおくよ。
誕生日おめでとう。おやすみ。大好き。
」


2008/9/26

同じチームで別の会社の後輩がいます。 彼は、SEでありながら、プログラミングが出来ません。 新人教育でも、一般の教育でも、 講師の不手際などを、自分が出来ない理由として、 自分が出来ないのは自分の責任と思ってませんでした。

だから、今日は、その件を説教したら、、、 彼は電話越しに泣き声になってました。 彼の上司は放置気味、もう、どうしたら良いのか。

今日は、それ以外に、職場から逃げ出す傾向のある、 僕の上司の代わりに、会社のリーダークラスの会議に 出席させられており、 プレッシャーよりも憤りを隠せませんでした。

でも、行ったら、親しい先輩方も会えたし、 後輩ちゃんとも会えたから、来て良かったと思ってたら、、、

そこにいた先輩に聞いたら、 いつも僕の目の前に座っている温厚な先輩が、 上司にぶち切れてたって聞いて、、、、、、

僕らのチームの状況は噂になってるみたいです。 それはそれで良かったけれど、 上司の上の幹部社員は何もしません。 今日は、そんな方々の、くだらない会議でした。 会社に出席しない上司の代わりに 上司の出勤態度を見て見ぬ振りの奴が主催の会議に出る。 これ以上の屈辱はない。

精神的にズタズタにされた気分でした。 こんなくだらない所、帰ってやる。ふざけんな。

会議の時に親しい先輩に、ツールが欲しいって言われたから、 先輩に渡そうとして電話をかけてみました。

(後輩ちゃん)「はい。***です。」

あっ。そうか。後輩ちゃんのいるフロアだったんだ。

(タル)「***いる?」
(後輩ちゃん)「いないみたいです〜。」
(タル)「そうか。Y先輩に渡しておくからって伝言してくれる?」


(後輩ちゃん)「え〜もう帰っちゃうんですか???」


!?

(タル)「うん。もう帰る。(ごめんね。)」

後輩ちゃんにとっては何気ない一言かもしれないけど、 その一言、相当泣ける。

本当は、後輩ちゃんから香港の話も聞きたかったし、 僕の目の前の先輩も切れかかってるって言いたかったし、 何より、精神的にズタズタだったから、 一緒にいて欲しかったし、話をしたかった。

それでも、電話を切ってしまいました。 切った後に、すごく悲しくなって、耐えられなくて、、、






5番目の卒業日誌