5番目の卒業日誌 2009/5

2009/5/5

後輩ちゃんにメールを送ってみても、また返事がなくて、 メール、プレゼント、メール、全部無視されました。 いくら後輩ちゃんでも酷いよ。悲しすぎる。

後輩ちゃんの事を考えると、すごく後ろ向きになる。 後輩ちゃんの事が好きなのに、振り向いてくれないし。 後輩ちゃんは恋人がいるらしいから、当然なのかな。 職場の先輩後輩だから、仲違いもしたくないけど、 仲良くなりすぎたくない、言わば、 後輩ちゃんにとって、僕は存在がうざいのかもね。

もういいよ。

そんな気持ちを忘れようとして、 実家に帰った後で、知り合いに会ったり、 髪を切りにいったり、買い物に行ったり、 気持ちをごまかすことにしました。 感謝の気持ちで一杯になる。

ドライブで知り合いを送った後に、 長距離ドライブに出てみたんです。千葉から神奈川まで。

少し高価のBeatlesシャツを着てる、 見た目料理上手の僕と、 Beatlesの曲が大音量でかかってる車内、 NewVitzはBeatlesで満載でした。 意外とカタチになってた気がする、気に入ってます。

GWなのに、意外と湾岸道路は空いてて、 東京ディズニーランド付近も渋滞はなかった。 生まれて初めて見たレインボーブリッジは、 気分が乗ってなかったからか、イマイチでした。

本当は、Beatlesは失敗だったのかもしれない。 だって、Beatlesは実は恋愛の曲が多い。 赤版、青版はLOVEについての曲が大半。

歌詞の意味は考えないようにした。 嘘、ダメ。

本当は、
後輩ちゃんに対する想いで溢れてて、
本当は、
何回も泣きそうになった。
本当は、
泣いてたのかもしれないね。

メールすら返してくれなくなった後輩ちゃんにも迷惑なんだろう、 冷たくされてる僕にとっても、後輩ちゃんは、 日々を後ろ向きにさせる存在になってきてる。 考えると、辛くなるだけ。 後輩ちゃんより良い人を探さないといけないって思うけど。

過去に別れた人が、今は恋しいです。

ダメ。

明るい未来を見据えないと。 もしかしたら、こんな自分を好きになってくれる人がいるかも。 人生の宝探し。 もしかしたら、両想いは近くにあるのかもしれないし。

って言い聞かせる事にしました。

僕と関わった人が楽しくなるような存在にならないと。 多分、後輩ちゃんが離れていくのは、そんなオーラが消えかけて、 負のオーラが出まくってたからなんだと思う。

後輩ちゃんとの関係は、もうダメになったかも、 夢が叶うコンサートのデートも後輩ちゃんとは行けないかも。 恐らく、キャンセルされるのも時間の問題。

後輩ちゃんの事が好きで、忘れられないけど、 そんな風に後ろ向きになって運を逃してしまうなら、 こっちから断って他の人と行くべきなのかもね。 幸せを分かち合えるような人、過去を決別しても大丈夫な人と。



2009/5/13

今日の出張が無くなったのは、 一昨日、出張先で頑張ったから。 後輩ちゃんがいないかもしれないけど、 腐らずに、仕事を一生懸命やった結果でした。

だから後輩ちゃんと同じ職場にいれるんだ。 接点増えるかな〜♪

なんて。 わからないけど、今日は、 すごく良い事がありそうな日でした。

(*)「これやっといて。」

あっ。出張しなかったから、 別の仕事をふられてしまいました。。。 なんだよ!もう!

でも。腐らなかった。 作業をしていたら、 疎遠になりかけていた先輩方、後輩、 沢山話しかけてくれました。 笑顔を絶やさなかったから、 人を惹き付けるオーラが少し出たんだと思う。

だから、、、

(後輩ちゃん)「髪染め過ぎですよ。」
(タル)「えっ?怒られる?」

うん。今日は、どうしてかわからないけど、 後輩ちゃんと喋れそうな気がしたんだ。 帰り際、作業してる僕の方に来てくれました。 少し働き過ぎかも。後輩ちゃんの顔に吹き出物が少し。 でも、やっぱり可愛い。

そんな眼で後輩ちゃんを見てて、 何を話そうかわからなくなっちゃった。

(タル)「おつかれさま。」
(後輩ちゃん)「おつかれさまで〜す。」

笑顔で今日はお別れ。 そう。苦笑いじゃなくて、 本当に心から笑顔になっちゃって、 だって、どれくらいたっても、 じっとしていられないくらい嬉しくて仕方ないし。 本当に抱きしめたくなっちゃった。

もし、
後輩ちゃんが恋人よりも僕の方を向いてくれたら、 ずっとこんな気持ちでいられるんだね。 だから、これからも頑張ろうって思った。

出張がなくなって、頑張ったかいがあって、 仕事が遅くまで続いても疲れなかった、 大好きだって気持ちは何回想い出しても、 飽きる事なんてない、嬉しい。 後輩ちゃんに逢いたいよ。楽しい。大好き。

今日は些細な事だけど、 本当に報われた良い日だったなって思います。



2009/5/26

♪♪♪

後輩ちゃんからメールが来ました。変なタイミング。 返事をしないのが後輩ちゃんも嫌だったんだろうね。

予定は未定ですがなんて書いてあって。 来月は行けない可能性が高いって。 だって遠地出張3週間目とかだもんね。 やっぱりね。

そこを頑張って終わらせろなんて言えない。 そこまで後輩ちゃんを窮屈になんて。 僕が後輩ちゃんを可哀想な目にあわせるとか。できない! だって、行ったとしても、 次の日、早朝新幹線なんて、後輩ちゃんにさせたくないし。 車で送る案も、なんか後輩ちゃんが嫌がってたし。 だから、残念だねって話を。メールで返信。

僕は、そこまでして会う価値の人ではないしね。 彼氏でもない、友達と思ってくれてる?後輩ちゃん?

去年、僕が職場を離れて遠地出張で、 後輩ちゃんに寂しさを紛らわせてもらった。 今回は、立場は逆、後輩ちゃんが離れる方。 後輩ちゃんは僕なんか頼らないだろうな。 後輩ちゃんは遠地出張の間、恋人と会うのかな。 会うだろうな。会うのかな。会うなら、余計、 僕の入る隙なんて無いだろうな。

でも、もし寂しがって、メールとか送ってきたら、 精一杯、勇気を与えてあげようと思う。 元々は、後輩ちゃんが遠地出張を行くのを渋って、 チームの他の人と関係悪くしてたみたいだから、 僕が行けって言ってしまったんだし。

後輩ちゃんと彼氏の邪魔にならないように。 相変わらず僕は、どうでもいい男だよね。 今は僕の周りの人の中では、 後輩ちゃんを愛することしかできないから。

コンサートは行けないような感じがする。 メールが返ってきて、少しだけ安心。 嘘。運命的じゃない。 もう絶対ダメだって落ち込んでる。

後輩ちゃんが行ってしまうまで、あと3週間。

一生の中でも一番運命的な日がありますように。 後輩ちゃんと恋人同士になれますように。 お互い大好きって言える、 何回も言える関係になりますように。






5番目の卒業日誌