5番目の卒業日誌 2009/7

2009/7/7

後輩ちゃんと一生 恋人として
一緒にいれますように

後輩ちゃんに夏フェスの、お誘いメールを送りました。 後輩ちゃんは行きたいって言ってくれました。

遠地出張中だから、 夏フェスの為に土曜日帰ってきて、 夏フェス行きたいって返事でした。

仕事が仕事なだけに、 まだ行けるかはわからないみたい。 朝見た、めざましテレビの天気予報は曇り。 でも、願いが叶えたいって強く願ったら、 ギリギリ、雲がかかってたけど、晴れました。 そんな風にギリギリです。もう少し。あと少し。 織姫と彦星はギリギリ出逢えてると思います。

夏フェスの日に休んでいいか、 上司に聞いてみるって。結構難しいスケジュール。 ハードだから後輩ちゃんの体が心配になるくらい。 そんな無理してでも来てくれるなら、すごく嬉しい。

また連絡しますって後輩ちゃんがメールくれて、 だから、タイミングが良かったんだと思います。 今回は4人だから、恋愛はできないかもだけど、 2人でデートする時とは違って楽しめるかも。

大好きな人が、いい返事をくれたから、 込み上げてくる気持ちを抑えられないです。 暖かくて、嬉しくて、力がわいてくるような気持ち。
後輩ちゃんの恋人になりたい、
後輩ちゃんの事を守っていける人になりたいです。
大好きな人とは距離があるけど、 距離がある分、メールで繋がっていれる事、 今は、そんな所に幸せを感じます。



2009/7/13

日曜日を上手く過ごせなくて、 ここ一ヶ月くらい、月曜日は午前半休か、 一日休んだりして、怒られてました。 上司と240分喧嘩して訴えたのに、 何も変わらない職場が嫌だから。

今日は出ました。そうしたら、 遠地出張から一時的に?帰ってた後輩ちゃんがいました。 職場の席替えをしたから、 後輩ちゃんの席は端になってしまってました。

今日の服装、すごい可愛い、 話しかけないと、話しかけないとって思って、 少し仕事のことで話しかけました。 仕事のことで話して、 後輩ちゃんの仕事を少しだけ助けて、 目を見てありがとうございますって言われて。

でも、本当は、 仕事の事で話しかけたかったんじゃなくて、 我慢できなくて話しかけたくて、 後輩ちゃんの事が大好きで話しかけたんだ。 久々だったからのかもしれないけど、 本当は、後輩ちゃんの事をずっと見てたかった。 後輩ちゃんは、僕がそんな風に後輩ちゃんを見てるって、 多分気づいてないんだろうけど。 誰よりも後輩ちゃんの事が好きで、 いつでも、いつまでも一緒にいたいって思ってるのに。



2009/7/26

逢いたいな、
やっぱり。自分に嘘はつけないから。 夏フェスの返事をくださいって、メールしました。

我慢できなかったっていう気持ちと、 何となく、今日は大丈夫な気持ちがあったから。
第六感?

急かしてるって思われないように。

恐らく仕事が忙しいんだと思います。 同じチームの女の子が一人、 体調不良で遠地出張に行かなくなったって聞いてます。 後輩ちゃんは頑張って過ごしてるのかな。

返事を新しい携帯で待ちました。 週の初めの日課になってる、 お参りに行った後、昼ご飯を買って帰りました。

帰ったら、、、

(後輩ちゃん) 実はチケットが売り切れて、 行けないかもって思ってたんです。 たまたま遠地出張から外れてる日なので、 は〜い。行けます。

そっか。サマソニの公式サイトを見たら、 確かに売り切れって書いてあった。 だから返事しなかったのかな。 とりあえず、なんとかなるって思って、 チケットは売り切れ前に買ってしまったんです。 それを後輩ちゃんに言ってなかったし。

後輩ちゃんと一緒に行ける。 もしかしたら、一生想い出に残るイベントかも。 大好きな人との縁は切れてなかった。 一緒に来てくれてありがとう。後輩ちゃん。

出逢いこそ人生の宝探し。 宝物は、自分から動いて 見つけに行こうとしないと、絶対見つからない。 メールしてなかったら、後輩ちゃんは別の予定を入れてたかも。 僕が後ろ向きでメールしてなかったら。 細くなってた糸も、繋げる事ができました。 偶然だし、運命的なものを感じます。

かき氷食べたいな。






5番目の卒業日誌