5番目の卒業日誌 2010/8

2010/8/2

(後輩ちゃん)「!?、お早うございます。」
(タル)「おっ、おう。」


久しぶりに後輩ちゃんを見ました。

僕の姿に驚いていた、それもそのはず、 後輩ちゃんに職場復帰する事を伝えなかったからです。

職場復帰するのを身近な人達には伝えました。 みんな、それぞれ返事をくれた、メールくれました。

後輩ちゃんに伝えなかったのは、 返事がなくて悲しくなるのが怖かったから。

職場復帰するけど、当分は通勤訓練、 朝行って、部長に印鑑を押してもらって、帰る、 リハビリを兼ねた出勤です。

いつも出勤が早い部長も今日は遅かった、 遅かった分、後輩ちゃんとすれ違っちゃったんだ。 突然過ぎて、挨拶するのが精一杯。

突然現れた僕に驚いてた表情の後輩ちゃんも、 やっぱり可愛かったです。 なんて、好きでいたら、また悲しくなるだけなのに。



2010/8/4

出勤訓練が終了して、 今日から本格的に仕事、行ってみると、

(後輩ちゃん)「おはようございます?」
(タル)「おーす。」

後輩ちゃんが隣の隣の席でした。 すごく良い席。隣の人がいない時は 沢山話しかけることもできるね。 だから、とても嬉しかった、報われたかも、 復帰しても頑張れそうと思ってました。 やっぱり後輩ちゃんの事が好きです。

ところが、、、

その30分後、部長に 新しい仕事を渡された時に、 座席も変更しろって言われました。。。

出入口の近くの席へ。 その席は、色々な人が出入してて、 そのついでに、 沢山、声をかけてくれました。。。 復帰おめでとうとか。。。

残念だけど、出入する後輩ちゃんには 声をかけてもらえませんでした。

後輩ちゃんの近くが良かったけど、、、 後輩ちゃんは隣の隣の島に、、、 結局、今日は後輩ちゃんの姿を見れたけど、 話しかけることはできませんでした。

長く離れてたから、 とりあえず一回は声をかけないと、、、

今後も、もしかしたら、そうなるかもしれません。 やっぱり、僕らは結ばれる運命じゃないのかな。 前みたいに、後輩ちゃんは積極的に 僕に話しかけてくれないし。

もしも、たまたますれ違えたら、 職場では好きとは言わないけど、 少しでも好感をもたれるように頑張ります。



2010/8/11

定時に帰る日々が続いています。 医者からもらった診断書にも、 残業禁止!って書かれてて、 それが部長に出てるから。

後輩ちゃんは出勤簿を見たら、 昨日は23時帰宅になってました。 相変わらず、頑張り屋さんです。 体調を絶対崩してはいけない僕は 23時には寝ている、後輩ちゃんに申し訳なく思います。

なんて、 後輩ちゃんと話すチャンスもないから、 そんな気持ちも空しく感じます。

今日も定時に帰宅。。。

と思ったら、職場のドアの前に 後輩ちゃんがいました。。。 挨拶くらいできるかな?

(タル)「お先です。」
(後輩ちゃん)「お疲れ様です。」


。。。

(後輩ちゃん)「元気ですか!?」
(タル)「う、うん。」

ドアの取っ手を手に、振り向いて 笑顔で話しかけてくれたのに、 ただ頷くぐらいしかできませんでした。

後輩ちゃんの方が働いてるのにね。 僕の方が元気がないみたい。

家に帰ったら、思わず泣いてしまいました。 久しぶりに声をかけてくれたのが嬉しくて? 少ししか話せなかったのが切なくて? もっともっと後輩ちゃんに接したいです。

もっといい場所ですれ違えたら、 もっともっと後輩ちゃんは話してくれるかも。

復帰してから全く話せなかったけど、 少しだけ希望が見えた、 復帰してから昨日までより、 今日はとてもいい日です。



2010/8/23

朝職場に行くと、予定表の所に、 後輩ちゃんと同じチームの人が遠地出張って 書いてありました。 もしかしたら後輩ちゃんも。。。 だとしたら、今日も、当分、 後輩ちゃんとの関係は進展するはずがないね。

今週はヤル気がしない。。。 だって後輩ちゃんがいないみたいだし。。。

部屋から外に出ようとして、 ドアの前で待ってました。 認証システムがあるから、 ドアの前は、渋滞する時があります。

ドアの前で待ってると、 モザイクがかかったガラスの中に、 白い、なんて言うかわからないけど、 僕が大好きなYUKIっぽい服を着てる、 パッと見で可愛い人がいました。

誰だろう?

ガチャ。

(後輩ちゃん)「おはようございます。」
(タル)「!!おはようございます。」

何となく、感覚でわかってたのか、 白い服を着てたのは後輩ちゃんでした。 遠地出張っていうのは僕の勘違い。

でも、そこから話を続けないとダメだよね。 もう一回、何とか、こんな風にすれ違えないか、 外の自販機やらトイレやら、何かと 外に出たり入ったりの回数を増やしましたが、 残念ながらすれ違えませんでした。。。

今の僕には、それが精一杯。 ストーカーみたいに思われたくもないけど、 もっともっと近づきたい、話したいです。

後輩ちゃんのYUKIみたいな格好、可愛い過ぎ。 それが間違いだったとしても、 後輩ちゃんの事が、ますます好きになってしまいました。



2010/8/27

今週は 月曜から後輩ちゃんに挨拶できて、 次の日も帰る途中で 出張先から帰ってくる後輩ちゃんとすれ違い、 やっと少しだけ話が出来ました。 水、木、金は全く逢えませんでした。 あまり接点がないのは、ずっとそのままです。

そろそろYUKIのコンサートのチケットが 届くってe+からメールが来ました。 でも、行く人が決まってません。 後輩ちゃんと行きたいのに。。。

ずっと前に行けるか聞いた時は、 「行きたいのは山々ですが、
 仕事でいけるかわからないので、
 他の人を優先してください。」
ってメールで返事されました。 行けないというわけでもないかも。

だから、もう一回誘ってみようかと思います。 できれば、 メールだと断られる気がするから、、、 直接逢って聞きたいんだけど、、、

前は、後輩ちゃんに彼氏はいるのに 後輩ちゃんの方から誘ってくれたりしました。 その時に、2人になった時に、 職場恋愛、片想い、彼氏がいる、 不安な事ばかり考えてしまって、 僕は好きって言えなかった。。。

僕が後輩ちゃんと2人になれるチャンスは 果たして残ってるんでしょうか? 二人で逢おうとしてた時代に戻りたいです。



2010/8/31

朝から部屋から外に出たら、 後輩ちゃんが入り口にいて挨拶しました。

(後輩ちゃん)「おはようございま〜す。」
(タル)「おはようございま〜す。」


朝から挨拶できるなんて、幸せです。 でも後ろに人がいたから、 YUKIのコンサートの事は聞けませんでした。
------
一日に二回もすれ違うなんてあるかな? そう願ってました。 そうしたら、昼に、、、

(後輩ちゃん)「お疲れ様です。」
(タル)「わっ!」

驚いて、思わず声を発してしまい、 後輩ちゃんも呼び止めてしまいました。 少しの間の沈黙、目が合っちゃいました。。。 一日に二回もすれ違えるなんて、 しかも、今、周りに人はいない。。。チャンス!

(タル)「あ〜、えっと、、、
    半年くらい前にYUKIのコンサート
    誘ったじゃん?あれって、後輩ちゃん、
    行けるって返事くれたんだっけ???」

(後輩ちゃん)「はい〜、行きたいのは山々なんですけど、
    その日から出張なんですよ。でも、
    まだ誰も誘ってないのであれば、是非♪」
    

コンサートの事は覚えててくれたみたいだったし、 行きたいって気持ちがすごくあったみたいです。 僕が勝手に誤解していただけでした。 後輩ちゃんは行きたいって言ってくれてたんだ。 その場で沢山話をして、 久々に後輩ちゃんの笑顔も間近で見れました。 とても幸せな気分になれました。

夜に、詳細をメールしたら、 終電明けの後輩ちゃんから次の日の朝にメールがきました。 出張は初日だけ休めるように 頑張って調整してみるって書いてありました。

これを見た僕は、職場にいたけど、 嬉しくて泣きそうになりました。 後輩ちゃんが、ここまでして、くれるなんて!

僕が大好きなYUKIを、後輩ちゃんも好きになって、 あと一緒に行く僕の為に、ここまでしてくれる後輩ちゃんに、 本当に本当に感動しました。

まだ後輩ちゃんと行けるかどうかはわからないけど、 後輩ちゃんが僕の為に、ここまでしてくれるなんて。 すごく嬉しかったから、もう一回メールしたくて、 とっても嬉しかったよ、ありがとうってメールしました。

後輩ちゃんの事が、もっともっと好きになりました。 本当は、抱きしめて、ありがとうって伝えたい。

5番目の卒業日誌