5番目の卒業日誌 2011/2

2011/2/9

僕が左遷されそう、 そんな話を上司から聞きました。 僕が左遷してしまうと、 少ない接点でも辛うじて同じ職場だった、 後輩ちゃんとも離ればなれになってしまいます。 そうしたら、、、望みが絶たれちゃう。。。 だから、その話を聞いた時に、 仕事も手につかなくなって、 家で、また独り泣いてしまいました。

部下の意見を聞かないどころか、 意見を言わせようともしない、 協力会社の人ともよく喧嘩をしてしまう、 24時間勤務もさせてしまう、 年末年始も働かされる、、、そんな場所らしいです。 そこに行って辞めた人も沢山いるみたい。 そんな所に行けという上司は鬼だと思います。 8ヶ月職場を休んで、復帰して やっと落ち着いてきたのに。。。

どん底の気持ちになってしまった時は、 後輩ちゃんの事が、とても恋しくなります。 どんな気持ちになってたとしても、 後輩ちゃんと話すと、不思議と元気が出るから。 だから、後輩ちゃんの事が大好き

。 後輩ちゃんは職場を休んでいたので、 でも、電話はする勇気はなくて、、、 メールする事にしました。簡単に。

(タル)「元気?」
(後輩ちゃん)「元気です。インフルです。」
(タル)「元気でよかった。ゆっくり休んでね。」
(後輩ちゃん)「はい。折角なので、じっくり休みます。」


たかが、それだけなのに、 少しだけ、いや、結構、元気になりました。 後輩ちゃんが、僕にメールを返してくれたから。 後輩ちゃんと接点があると、やっぱり嬉しいです。

こんなに大好きな後輩ちゃんと、 これ以上、絶対離れたくない!

後輩ちゃんと離ればなれになる危険性は 今日だけじゃなく、今までも、 ずっとずっとあったんだ。だから、 少しでも一回の接点を大事に、 沢山接点をもてるように、 一秒一秒を大事にしないといけない って思いました。それを教えてくれた、 この知らせはいい知らせだったのかも。

明日、鬼退治に、、、もう一度、 その場所には行きたくありませんって 宣言してみようと思います。 それで評価が下がったとしても、 後輩ちゃんと一緒の場所にいられるなら。

後輩ちゃんの事が大好き。

仕事よりも大事なものがあるから。



2011/2/17

上司に呼び出されました。先日の左遷の件でした。

結果、、、

左遷は、僕が言う前になくなったみたいです。 つまり、後輩ちゃんと離ればなれになるのは、 なんとか防ぐ事ができました。

よかった〜。ホッ。 心のヤミが一つ消えました。

(タル)「ありがとうございました。」

考慮して頂いた上司に感謝、 会議室を出ると、、、

いつもは別の部屋で作業している、 後輩ちゃんが珍しく席にいました。

(後輩ちゃん).../(_ _)パクパクパク
......
ノンキに...おやつ食べてる
...こっちは危機感満載だったのに...
...... 美味しそう ......


(タル)「ま〜た、パクパク食っちゃって〜」
(後輩ちゃん)「だって、お腹空かないですか?」

後輩ちゃんに声をかける事ができたのも久々。 それも、嬉しかったです。 後輩ちゃんが食べてるオヤツが美味しそう。 食べ放題にでも後輩ちゃんと行きたいです。 後輩ちゃんと初デートの想い出がある、 しゃぶしゃぶの食べ放題も行きたいです。



2011/2/22

(後輩ちゃん)「おつかれさまで〜す♪」

振り向くと後輩ちゃんがいました。 週の初めから大好きな人と話ができて 嬉しいとか考えて、どうしようどうしよう。。。

(タル)「最近、出張してないみたいだね。」
(後輩ちゃん)「はい。でも、今度九州に行きます♪」
(タル)「九州?」

後輩ちゃんは、九州は熊本に出張するみたい。 僕も以前、仕事で長崎に行った事があります。 九州は好きです。 福岡空港で降りて、佐世保まで電車で行って、 その途中の九州の景色が好きで、 毎回、楽しみにしてました。 いつも出張がちで心配するけど、 今回は、後輩ちゃんの事が羨ましくなりました。

(タル)「いいね〜仕事で九州って♪」
(後輩ちゃん)「飛行機に乗れるのが嬉しいです〜♪」

出張が多くても、後輩ちゃんが楽しそうに話してる、 それを見て、僕も楽しい気分になりました。 当たり前だよね。大好きな人が 楽しそうに話をしているんだし。

(タル)「お土産楽しみにしてるよ。」
(後輩ちゃん)「はい。。。」

今日も、後輩ちゃんとすれ違った時に、 九州の話で沢山話ができました。 熊本は僕も通過した事があると思ってたけど、 きっと、相変わらず適当って思われたに違いない...

(タル)「元気で行ってきてね♪」
(後輩ちゃん)「はい。」

後輩ちゃんが空を飛ぶのは明日、 後輩ちゃんの出張が、とても楽しいものになる事を祈ります。 お土産買ってきて欲しいな〜。 後輩ちゃんからはバレンタインチョコはもらえなかったけど、 お土産買ってきてくれたら、嬉しいです。 なんて、あまり期待をしてはいけないよね。 後輩ちゃんは右手の薬指に指輪をしてて、 後輩ちゃんには恋人がいるんだし。

いつか、本当に空を飛べるくらいの高さで 後輩ちゃんの恋人を飛び越えて、 後輩ちゃんに振り向いてもらえるように、頑張ります。 それで、九州みたいに、暖かい場所で 後輩ちゃんと、ずっと一緒に暮らしたいです。






5番目の卒業日誌